兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、北海道、和歌山県、岡山県の記事を投稿する予定です。
●

2019年04月07日

讃岐そば りんや@香川県丸亀市

讃岐そばりんや

四国は丸亀にやって参りました!。
私個人的に、四国で訪問した都市の中では徳島市・高松市に次いで多く立ち寄った都市じゃないかなと思うくらいに多く来てます。


讃岐そばりんや

丸亀には何度も来ていますが、今回は丸亀で初のレンタサイクルを利用〜。
利用料金は6時間まで200円、終日利用が300円で、申請時に保証金として500円を払い、返却時に利用時間に応じた利用料金を精算し返金されるシステムです。


讃岐そばりんや

レンタサイクルを使って行った先は、まずコチラ。
「讃岐そば りんや」。
丸亀駅からだと2キロちょっとの距離がありますんで、やっぱり徒歩で行くのはしんどいです。自転車でヨカッタ(^^;。
実は何年か前かに行こうとしたらば臨休だったということがあって今回はそのリベンジ!です。ちなみにその時は駅から往路は路線バスで行き、振られた帰りは徒歩で丸亀駅近くの宿泊ホテルまで帰りましたよ(^^;。
時が過ぎて、今では土日祝日の昼間しか営業しない店になってしまってなかなか行き難くなりました。
今日は営業しているようで開いててヨカッタ〜(*‘∀‘)。


讃岐そばりんや

メニューはごらんの通りで、「讃岐そば」と「ねぎそば」、そして冬季限定の「ゆず香そば」の3種ありました。


讃岐そばりんや

「讃岐そば」(650円)。


讃岐そばりんや

あっさりとしたイリコだしを使った塩味のスープ。


讃岐そばりんや

しなやか・滑らかな中細ストレート麺です。
讃岐そばと名乗っているお店に、三豊市の名店「はまんど」があり比較対象されがちですが、はまんどの味とはまた違った讃岐そばです。
ごちそうさんでした。


posted by かもねぎ at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県

2019年03月29日

豚平ラーメン@香川県小豆郡土庄町

小豆島豚平

小豆島の3軒目はエンジェルロードからも歩いて行けるこちらのお店。
小豆島にあるこの「豚平ラーメン」は、実は岡山県津山市院庄にあり、私も何度か行ったことのある「豚平」の暖簾分け店だそうです。
昼過ぎの時間で、店に入ると結構な埋まり具合の客の入り。
先客すべてが中国系外国人観光客だった。


小豆島豚平

頭上のメニューは御覧の通り。
多言語対応で日英中韓の4言語混ぜたメニューも用意し、外国人観光客にも優しい対応。また、店主もカタコト英会話で中国人観光客と積極的にコミュニケーション取って、とても好感持てます。


小豆島豚平

「ラーメン」(620円)。


小豆島豚平



小豆島豚平


posted by かもねぎ at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県

小豆島ラーメンHISHIO エンジェルロード店@香川県小豆郡土庄町

小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

こちらは小豆島の観光スポットである「エンジェルロード」。
小豆島には何度か来ていますが、エンジェルロードは今回初めて来ました。
偶然に干潮時と重なって、御覧のエンジェルロード出現でしたが、このエンジェルロードが観光スポットとして注目され出したのって、ここ7〜8年くらい前からだと思うんです。ワタシが前回、15〜6年前に小豆島へ来た時は、エンジェルロードって物の存在も聞いてなかったし、こんな観光スポットがあったという記憶もなかった。
また、エンジェルロードを歩いてる観光客の8割以上が中華系外国人(台湾・中国・香港)観光客で、観光バス利用の団体旅行で来ているだけでなく、高松からのフェリーと島内路線バスを利用した個人旅行者も多いのにびっくりしました、


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

そんなエンジェルロードの近くにあるのがこちらのお店。
「小豆島ラーメンHISHIO」は岡山にあるラーメン屋ってイメージがあり、ワタシも何度か岡山の店には行ったことがあります。
調べるとやっぱり運営会社の本社は岡山市にあります。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

店に入ると、奥には海を望むテラス席が。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

こんな感じで、室内フロアは空席が目立つけど、テラス席は満席です。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

メニューは「醤(ひしお)そば」(780円)、「島そば」(810円)、「HISHIO RED」(920円)、「チャーシュー麺」(1080円)、「野菜醤そば」(980円)、「ネギ醤そば」(870円)といったラインナップ。
こちらもやっぱりインバウンド大盛況で、メニューは日英中韓の4言語対応表記。
今回注目は、こちらの看板メニューの醤そばと醤丼ミニのセット。
なんと、替玉は『心ゆくまで』。
無制限に追加料金無しでOKだそうです。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

「醤そば」(単品で780円)。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

「醤丼ミニ」です。
炙りチャーシューが香ばしい〜。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

瀬戸内産カタクチイワシの煮干しと野菜を煮込み、天然醸造小豆島産「ヤマロク醤油」の醤油ダレで仕上がった口当たりまろやかなスープ。


小豆島ラーメンHISHIO	エンジェルロード店

麺は熟成ストレート中細麺です。

posted by かもねぎ at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県

ちりめん家@香川県小豆郡土庄町

ちりめん家

十何年ぶりかの小豆島来島〜。
アサイチの神戸からのジャンボフェリー&島内バスに乗って来ました。
まず最初に立ち寄ったお店がこちら「ちりめん家」です。
夫婦二人でやってる、こぢんまりとしたお店です。


ちりめん家

メニューです。
大きさは「並・中・大」とあるけど、並は量が少な目らしいので「小」と思ったほうが良いらしい。


ちりめん家

「醤油(中)」(600円)。


ちりめん家

ほのかに魚介感じる、あっさり醤油味です。


ちりめん家

シンプルな味わいのラーメンです。

posted by かもねぎ at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県

2019年03月28日

麺処むらじ 祇園本店@京都市東山区

祇園麺処むらじ

こちらは京都の祇園の街を南北に行く切り通し。
祇園ということで、国内外の観光客で大いに賑わっています。


祇園麺処むらじ

祇園の巽橋の南にあるのが、こちらの「麺処むらじ」です。
今回は2015年のオープン前後に一度行って以来、ご無沙汰の来店。
今ではすっかり有名店になってピーク時には行列も激しい店に。
近年のインバウンド需要で外国人客も目立ちます。


祇園麺処むらじ

この通り、店内は雰囲気の良い造りになっていて、外国人客にも好評〜。
今回は午後5時前という閑散時間帯だったので行列も無く入店できましたが、私が入ったあとは続々と客がきて満席に。上の写真はワタシが入店した直後で、外国人客が2組4名いただけでまだ空席がありました。


祇園麺処むらじ

メニューは「鶏白ラーメン」(896円)、「鶏黒ラーメン」(896円)、「むらじのつけ麺」(918円)、「檸檬ラーメン」(950円)など。
人気ナンバーワンは写真の「鶏白ラーメン」だそうです。


祇園麺処むらじ

「鶏白ラーメン」(896円)。


祇園麺処むらじ

あっさり鶏白湯。


祇園麺処むらじ

ストレート麺の、まぁこんなもんかいな。

食べ終えてお会計するのに席を立つと、店内に待ちの列が階段下までずらり。
その8割くらいは外国人であった。
混雑しているのにカウンター席はClosedで案内せず、2階の大テーブル席(計16席)のみ開放していました。
なぜ?


posted by かもねぎ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

篠田屋@京都市東山区

篠田屋

篠田屋は、三条京阪から東へ少し行ったところにある昔ながらの食堂です。
前回この店に来たのは私が20代の頃だったはずなんで、今回の訪問は四半世紀ぶりくらいになるかと。


篠田屋

店内も昭和感バッチリ。
この篠田屋の創業は1904年(明治37年)だそうです。
京都には創業300年や400年の老舗はいくらでもあり、創業100年程度では老舗のうちに入らないけど、食堂など街の飲食店となると創業100年超えはなかなかないので、京都でも「老舗の食堂」って言っても許されるのでは…と思います。


篠田屋

メニューはこんな感じになってます。
中央に書かれてある「皿盛(さらもり)」が篠田屋の名物になっていて、25年程前に来た時には私はソレ注文して食べました。
ちなみに皿盛とは、皿に入ったご飯の上にカツがのって、その上に和風カレー風味のあんかけをダラーっとかけた篠田屋のオリジナルメニュー。
ワタシの手元にはその皿盛の写真が無いので、気になる方は「篠田屋 皿盛」でググって画像をみてくだされ。


篠田屋

「中華そば」(500円)に初挑戦。


篠田屋

イイ味してます。


篠田屋

じんわり来る老舗の味わいです。
久しぶりに皿盛を食べたい〜!。

posted by かもねぎ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]