兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、大分県、奈良県の記事を投稿する予定です。
●

2019年06月04日

オサカナトンチャン@愛媛県松山市

オサカナトンチャン

松山市駅から路線バスに乗ってやって来ました「オサカナトンチャン」。


オサカナトンチャン

午後7時過ぎの時点で店内客は1組のみの閑散とした状態。


オサカナトンチャン

メニューを拝見。
「魚介とんこつ濃口」(800円)と、「魚介とんこつ優味」(700円)の二本体勢。


オサカナトンチャン

「濃口」でいきました。


オサカナトンチャン

濃口というだけあって、魚介のインパクトがスゴイ。
ちょっと魚臭さが気になるくらいに…。


オサカナトンチャン

濃口に使われる麺は平打ち麺です。
一方の優味は、細麺を使用しているようです。

posted by かもねぎ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛県

麺屋ジギー@愛媛県松山市

麺屋ジギー

こちらは松山市内で、つけ麺で定評のあるお店。


麺屋ジギー

メニューです。


麺屋ジギー

「濃厚豚骨魚介つけ麺」(800円)。


麺屋ジギー

もっちもちの太麺。


麺屋ジギー

マタオマ系魚介豚骨ですが、良いつけ麺です。

posted by かもねぎ at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛県

闘牛ラーメン@愛媛県松山市

闘牛ラーメン

松山市の闘牛ラーメンへ初来店。
鴨ラー愛媛県ランクで上位20位以内に加わる店とならば行かなくては。
メニューは普通の「ラーメン」(450円)のほか、「鳥そば」(600円)、「つけそば」(600円)、「ワンタンメン」(600円)、「玉子ラーメン」(600円)、「チャーシューメン」(650円)といったラインナップで、餃子も5個で200円だし、なかなかリーズナブルな価格です。
店の名前が「闘牛ラーメン」なので、牛骨スープがベースの店だと思っていたが、そうではないようだ。


闘牛ラーメン

鳥そば+半チャンのセットで価格は800円。


闘牛ラーメン

「鳥そば」(単品で600円)。


闘牛ラーメン

半チャンの焼き飯は、本当に半チャンってくらいの量です。


闘牛ラーメン

鶏モモ肉を油で揚げてカットしたもの(唐揚げ)がトッピングされてます。
外はサクッとカリカリに、中はジュワーッと柔らかく実に旨い唐揚げです。


闘牛ラーメン

あっさりスープは醤油味。


闘牛ラーメン

しなやかストレート麺です。

posted by かもねぎ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛県

2019年06月03日

中華そばのだいこくや@大阪市北区

中華そばのだいこくや

大阪・天神橋3丁目の天神橋筋商店街に今年3月にオープンしたお店。


中華そばのだいこくや

メニューです。


中華そばのだいこくや

「中華そば」(680円)。
鶏白湯背脂醤油の、京都の伝統スタイルのラーメンです。


中華そばのだいこくや


中華そばのだいこくや

良い味わいの京都ラーメンです。
通し営業なので昼過ぎにもふらりと入って行けるのがイイ!。

2019年05月30日

麺将 濃厚軍団@京都市左京区

麺将 濃厚軍団

麺屋極鶏の次に来たのはこちら「濃厚軍団」。
ラーメン軍団時代には何度か来ていたが、もしかして店名が濃厚軍団になってから初来店なんじゃないか?ってくらいにご無沙汰です。
さきほど調べてみると、まさにそうで、6年ぶりの来店であった(;'∀')。


麺将 濃厚軍団

久しぶりに会う店主の石田氏も店主としての貫禄十分!。
私を見るなり「あれ?ずいぶんと痩せましたね〜」と言われたけど、6年前と今と体重差は2〜3キロしか変わっておらず、そんなに痩せてないはずなのだが…(^^;
まあ、石田氏と初めて会った15年前と比べたら10キロ近くは痩せてますが…。


麺将 濃厚軍団

今回の注文品は「重厚つけ麺」(850円)。


麺将 濃厚軍団

濃厚なつけだれに絡みつく太麺。
旨い!。


posted by かもねぎ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

麺屋極鶏@京都市左京区

麺屋極鶏

岡山出張後で、午後から仕事が休みだったので淀屋橋から京阪に乗って京都の出町柳まで行き、さらに叡山電車に乗って一乗寺へ…。
行った先はこちら「麺屋極鶏」。
前回行ったのはもう何年前のことかってくらいに前の話。当時から行列はすごくて1時間以上並んでいきましたが、今回は平日です。表には行列が無かったものの店内で4人待ち。しかし、4人くらいだったら10分も待てば着席イケるわけです。
券売機で食券を買って店内待ち。
10分足らずで席に案内されてカウンター席へ。


麺屋極鶏

「鶏だく(並)」(800円)。


麺屋極鶏

これをスープと呼べるのだろうかというくらいのドロドロの濃厚スープ。


麺屋極鶏

ドロドロスープに麺がまとわりつくって感じ。
久しぶりに食べた極鶏の鶏だくに満足!。


posted by かもねぎ at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]