兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、島根、鳥取、山口、広島、福岡、佐賀の記事を投稿する予定です。
●

2015年08月07日

かくれの里 あら木@鹿児島県姶良郡湧水町

あら木
あら木

鹿児島県の吉松へやって来ました。
そして、目的の場所へ向かう途中の踏切で、JR九州の観光特急列車「はやとの風」(鹿児島中央発吉松行)が吉松駅に入線してきました。


あら木
あら木

吉松駅から向かおうとしている目的地というのは、こちらのお店。
正式には『かくれの里 里山の麺処と和布あそび あら木』と、ちょっと店名が長いけれど、ふつうに「あら木」でいきます。
ちなみにJR吉松駅からだと、お店が駅の裏側にあるので徒歩12〜3分かかるようです。
駐車場に車を止め、歩いてお店に向かいますが、あたりは閑静な住宅街。こんなところにお店が?っていう場所。


あら木

駐車場から歩いて1分ほどでお店の入口に。普通の家そのまま!。


あら木
あら木
あら木
あら木

玄関もまさに普通の家。
靴を脱いで中に入ると、広くて明るいリビングルーム。そこにテーブルや座卓など置いてお店にしているのです。本当に普通の家にお邪魔してる感じ。
店内ではラーメンやコーヒーなどを頂けるほか、和古布雑貨、陶器、漬物も販売しています。
また屋外にはテラス席もあって、春や秋のシーズンなら外でいただくのもイイですね〜。


あら木

メニューは、らーめん(600円)をはじめ、いくつかのラーメンがあるけど、今回の注目品は、この「アーモンドらーめん」。気になりますね〜。
てなわけで、それ注文。


あら木

そして登場〜「アーモンドらーめん」(700円)。
このアーモンドらーめんは、昨年(2014年)秋から発売されているそうです。


あら木

珍しい国産(鹿児島・宮崎産)のアーモンドを使って作られた鹿北精油製のアーモンドペースト、アーモンドプードルを使用しています。

あら木
あら木

スープはあっさり風味のとんこつ。麺は中細ストレート麺


posted by かもねぎ at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

2012年08月13日

天文館むじゃき@鹿児島市

天文館むじゃき

鹿児島の天文館むじゃきへ。この店に来たのは6年ぶりです。
以前来た時と店の雰囲気が変わってた。
あれからちょっとリニューアルしたみたいですね。


天文館むじゃき

でも、表のシロクマは、そのまんま前と同じ。


天文館むじゃき

さて、今回は白熊を食べるのと同時に、食事で来ました。
天文館むじゃきでは、白熊以外に中華メニューも若干やっているのです。

店は表から待ち客があり店内は満席。
でも店に入ったら、中華メニューを食べてる人がほとんどいない(・・;)。
訪れた時間帯が中途半端で夕方ってせいもあるんけど。

でも、私たちはそれでも躊躇なく「ちゃんぽん」を注文。

ちなみにこの店、ラーメンの類は、酸辣湯麺 (サンラータンメン) 750円、特製ちゃんぽん麺700円、醤油ラーメン650円、味噌ラーメン 700円、とんこつラーメン700円…などなど麺類もわりとあるのです。


天文館むじゃき

「ちゃんぽん」です。値段は700円。

具は、キャベツ、もやし、豚肉、カマボコ、玉ねぎ、ニンジン、きくらげ、エビ、ヤングコーン…などなど野菜もたっぷり。
長崎ちゃんぽんとはまた違う味わいの、あっさりとしたスープで、これといった特徴があるわけでもない、ただ我々の腹を満たしてくれるだけの存在の、ごくごくフツーのちゃんぽん。


天文館むじゃき

麺はちゃんぽんの王道、ストレートな太麺。


天文館むじゃき

ちゃんぽんを食べ終えたあと、白熊の登場〜。
この店では、やっぱり白熊を外せません。

中華を食べたあとに食べられるよう、ベビーサイズも用意されているのですが、私たちはスタンダードサイズでいきました。


天文館むじゃき

こちらはスタンダードな「白熊」。
見た目もかわいい〜。


天文館むじゃき

こっちは「コーヒー白熊」。
コーヒーシロップとミルクがかかっていい雰囲気。

この白熊の食感を形容すると「ふんわりとしている」ってのが特徴ですが、このきめの細かいかき氷は、家では作れませんからね。
久しぶりの白熊を鹿児島で堪能できて満足満足。

posted by かもねぎ at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

2011年03月28日

飛鳥@鹿児島県出水市

飛鳥


飛鳥


飛鳥


飛鳥






posted by かもねぎ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

石走ラーメン@鹿児島県薩摩川内市

石走ラーメン

鹿児島県は薩摩川内市へやって来ました。
薩摩川内市は鹿児島市の中心から直線距離で北北西約40Kmあまり。
九州新幹線で鹿児島中央駅からわずか12分で来れちゃいますが、私は第三セクターの肥薩おれんじ鉄道で熊本県の八代から3時間かけてやって来ました(^^;。
(新八代から九州新幹線なら34分、博多から最速のさくら利用で1時間15分なんですがね〜。)

石走ラーメン

川内に立ち寄ったのは今回初めてで、滞在できる時間は列車の都合で1時間あまり。
川内駅周辺にあるラーメン屋に行ってみようと調べてみると、川内駅からもほど近い場所に「石走ラーメン」という店があるとのこと。駅のテラスからもラーメンの幟が見えています。

店に入ってカウンター席に座ってラーメンを注文。
メニューはラーメン、味噌ラーメン、ちゃんぽんなど。

石走ラーメン

ほどなくして注文品のラーメンが出てきました。600円です。
見た目はあっさりしてそうな感じ。
たしかに薄いけど、コクはあり、すっきりと味わえるスープで脂分は少なく、優しい味とでも言おうか、モヤシが加わったからと言って水っぽさも無く、美味しくいただけます。

石走ラーメン

麺はごく普通の、ややウェーブがかった中太麺。
柔らかすぎず硬すぎずで、ちょうど良いあんばいで、あっさりスープとの絡みは良好です。

おおまかに言えば、関西で20年前に流行したライト豚骨に近い感じのラーメンかな。

ごちそうさまでした(・∀・)。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

2010年09月02日

鹿児島ラーメン和@鹿児島市

JR鹿児島中央駅から南へ歩いて2〜3分のところにある2010年3月オープンの新進気鋭のお店・鹿児島ラーメン和(かず)です。
オープンしてそう経ってないから小奇麗で新しく、店内はカウンター席とテーブル席のほか、小上がり(座敷)席もあるので、あらゆるニーズに対応。

鹿児島ラーメン和

メニューは鹿児島ラーメン、鹿児島味噌ラーメン、鹿児島辛味噌ラーメン、つけ麺など。
注文品(上の写真)は「鹿児島ラーメン(650円)」。
ビジュアルもイイ感じ!。
そしてラーメンのサイズは小・並・大と3通り選べるので、お腹具合によって大きさをチョイスできるのもイイですね。

鹿児島ラーメン和

麺は歯ざわりバッチリ・喉越し抜群の中太ストレート麺。
豚骨と鶏ガラから抽出したスープに魚介系スープをブレンドしたWスープ。
とっても飲みやすい味わいです。

うん、おいしかったですとも。


【おもなメニュー】
鹿児島ラーメン・・・・650円
チャーシューメン・・・・800円
鹿児島味噌ラーメン・・・・700円
鹿児島辛味噌ラーメン・・・・700円
味噌チャーシューメン・・・・850円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

ざぼんラーメン 与次郎店@鹿児島市


ざぼんラーメン

ざぼんラーメン

だいぶ以前、ラーメンにぜんぜん詳しくない鹿児島出身者に「鹿児島で人気のラーメン屋ってどこ?」って質問したら「ざぼんラーメン」っていう回答だった。

というこって、4年前まで鹿児島に行ったことが無かった私が、その時から知ってたラーメン屋の一つが「ざぼんラーメン」だったのです(他はテレビで見た「こむらさき」「のぼるや」でした。)
でも、ネットで見てたら、ざぼんラーメンの地元での評価がイマイチ・・・。
実際どうなんだろう??

店名になっている「ざぼん」は、鹿児島の名物柑橘類「文旦(ぶんたん)」または「ぼんたん」のこと。
ちなみに東京都内にあるカタカナ表記の「ザボンラーメン」とは関係が無いそうです。
鹿児島中央駅のレストラン街にも店はあったけど、せっかくなので本店格の与次郎店へと行ってみることにしました。

鹿児島の中心街・天文館から路線バスに乗ること十数分、バス停を降り、徒歩数分でお店に到着。
店がでかいことにビックリ!
調理場をぐるりと取り囲むカウンター席、その背面にはテーブル席が多数。
いったい何席分あるんでしょう?
しかし客は私を含めて3組5名だけで閑散としています。


ざぼんラーメン

ざぼんラーメン

席に着く前に、レジで店員さんから食券を購入します。
いちばん安い「ざぼんラーメン」で800円。
のぼるやのラーメン1杯1000円がイイ例だけど、鹿児島のラーメンって値段が高いなぁ〜。



ざぼんラーメン

ラーメンが出てくるまで、たくあんを食べる〜。


ざぼんラーメン

はい、ざぼんラーメンの登場〜。
4〜5枚のチャーシューの下に炒めたキャベツ、モヤシ、メンマなどの具がたくさん入っていて、わりとボリュームあり。
これなら800円という値段もアリか。


ざぼんラーメン


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鹿児島県

2010年09月01日

ラーメン小金太@鹿児島市

ラーメン小金太

天文館公園の前にあるラーメン屋さん「ラーメン小金太」です。
鹿児島では割と人気の高い店だそうですが、鹿児島のラーメン本・グルメ本では紹介されない。
メディア取材拒否しているお店なんだそうです。
まあとりあえず行ってみると行列こそ出来ていないものの店内はほぼ満席状態。
窮屈に座って食べるのは好きじゃないので、1時間くらい時間つぶしてから来て正解。
午後10時も過ぎれば客入りは半分くらいに少なくなっていました。
歓楽街・天文館にあるということもあって営業時間も未明までやっており客層も様々です。

ラーメン小金太

スープはスタンダードな鹿児島スタイルのとんこつラーメン。
まろやかな口当たりのスープで麺との絡みも良好。
麺の歯ざわりもGOOD。
そしてチャーシューの脂身が柔らかな食感で脂身がじゅわっとしてて旨い!
(写真はラーメン・650円)

ラーメン小金太

このラーメン、普通サイズとSサイズ、SSサイズがあり、大きさを選べるのです。
ちょっとだけ食べたいって向きには最適ですね〜。
多くの人が、焼き飯とのセットでラーメンはSかSSで食べていました。
私は・・・もちろん普通サイズで食べましたよ(^^;。


ラーメン小金太

たくあんも小皿に数切れ出されます。
大根特有の辛さも出ているやつだけど美味しい〜。



【おもなメニュー】
ラーメン・・・・650円
味噌ラーメン・・・・750円
豚骨入りラーメン・・・・850円
チャーシューラーメン・・・・800円
味噌チャーシューラーメン・・・・900円

上記メニューのSサイズは100円引、SSサイズは200円引

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

三養軒@鹿児島市

三養軒

鹿児島市内中心部にも老舗と言えるお店が何軒かあるわけでして、この「三養軒」もその一つ。
午後9時前、店に入ると客はゼロ。
しばらくの間、客が来ていなかったようで、店主はテレビを見ていました(^^;。

メニューは、みそラーメンとラーメンの基本2種類。
名物というか代表メニューはみそラーメンだとのことなので、それ注文。

三養軒

作るところをずっと見ていると、注文を受けた店主がキャベツ・モヤシを中華鍋で炒め始め、ある程度炒めると野菜の入った中華鍋に黒味噌をボーンと投入して、さらにスープを加え、味噌と混ぜ合わせて煮立たせます。
茹であげた麺と中華鍋のスープと野菜を丼に入れて完成〜。


三養軒

三養軒

イイ〜匂い〜。

鹿児島の黒味噌を使用したスープは味に苦味があったりなどのクセがあるのかな〜?と思ったけど、そうでもない。
スーッと飲めて、麺もスープもなかなかの旨さ。

あと、みそラーメンでない普通のラーメンも気になるところです。


【おもなメニュー】
みそラーメン・・・・700円
ラーメン・・・・650円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

薩摩らーめん家おこば@鹿児島市

薩摩らーめん家おこば

鹿児島ぶらぶら食べ歩きの1日目2軒目は「薩摩らーめん家おこば」。
天文館から少し歩いた歓楽街の一角にあり、歩いててたまたま見つけたお店です。
「おこば」は漢字で「尾木場」と小さく書かれ、食べログでも尾木場と表記されているけれど、店の看板や店内の表示はすべてひらがななので、それにならってここでの表記も「おこば」とさせていただきます。
店に入ると、カウンターとテーブル席、奥に小上がりの座敷があります。

メニューは、豚骨醤油ベースの「おこばらーめん(750円)」、とんこつベースの「薩摩流らーめん(650円)」、特選みそらーめん(650円)、辛うまらーめん(900円)、つけ麺(700円)、黒豚角煮・黒豚しゃぶしゃぶ・特製チャーシュー入りの「チャーシュー三昧(1250円)」といった物が並ぶ。

薩摩らーめん家おこば

おこばらーめんにしよかと思ったけど、薩摩流らーめん(とんこつ)にした。
10時間以上煮込んだ豚骨スープらしく、あっさり気味でくどさ無し。

トッピングにはチャーシュー、モヤシ、ネギと、ここまでだとありきたりのラーメンになってしまうところが、さらに焦がしニンニクが入っていて、これが良いアクセントになっています。


薩摩らーめん家おこば

麺は中細ストレートで、ヤワさ普通。
深夜3時まで営業していることからも酔い客御用達と思われるけど、飲んだ後でもすっきりと食べられる味わいのラーメンですな〜。
ごちそうさまですた。


【おもなメニュー】
おこばらーめん・・・・750円
薩摩流らーめん・・・・650円
特選みそらーめん・・・・650円
辛うまらーめん・・・・900円
つけ麺・・・・700円
チャーシュー三昧・・・・1250円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県

かごしまラーメン我流風 天文館本店@鹿児島市

我流風らーめん

鹿児島市の繁華街・天文館に位置する鹿児島ラーメン「我流風」。
我流風と書いて「がるふ」と読む。
どうやら関東にも出店しているそうで。
ちょうどお昼時だったため、ズラリと奥行きのあるカウンター席にはお客さんですでにいっぱいでした。

我流風らーめん

券売機で食券を買い、カウンター席の奥に座ってちょっと待って出てきたラーメンはこのとおり。
メニュー名は店名を冠したいちばんポピュラーな「我流風らーめん」で650円です。
このほか、バラ肉炙り焼きらーめん(780円)、トロ肉炙り焼きらーめん(980円)、漆黒辛味噌らーめん(780円)などのメニューが揃っている。

我流風らーめん

スープはとんこつベースの醤油味。
トッピングは、チャーシュー、もやし、ネギ、フライネギなど。
これはクセが無く、誰でも食べやすい味ですわ。

我流風らーめん

麺は中太ストレート麺で喉越しはGOOD。


我流風らーめん

鹿児島らしく、小皿に入ったお新香がついてきます。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県