兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、福島県、茨城県、和歌山県、鳥取県、島根県の記事を投稿する予定です。
●

2010年06月22日

上方ざんまい屋@京都拉麺小路

京都拉麺小路にある上方ざんまい屋は、京阪神エリアでいろいろなブランド名のラーメン店を出店している熊五郎系列のお店。拉麺小路がオープンした2003年10月以来の久方ぶりになってしまいました(^_^;)

メニューは、豚骨らーめん、内モンゴル塩らーめん、内モンゴル醤油らーめん、
鶏つけ麺、豚骨つけ麺といったラインナップ。

上方ざんまい屋

「豚骨らーめん」にしました。


上方ざんまい屋

国内産小麦をブレンドしたツルツルと滑らかな麺。
濃厚でまろやかな豚骨スープ。
これだけ上質なラーメンを提供しながら、それで650円という価格で出せるというのは素晴らしいですよ〜。

【おもなメニュー】
豚骨らーめん・・・・650円
内モンゴル塩らーめん・・・・650円
内モンゴル醤油らーめん・・・・650円
鶏つけ麺・・・・800円
豚骨つけ麺・・・・800円





2010年06月17日

萬福 京都駅前店@京都市下京区

萬福 京都駅前店

ここは伏見区にある萬福が出した支店で、京都での仕事のお昼に行ってきました。
場所は京都駅からビックカメラ北側の道を西へてくてく。APAホテルを過ぎ、突き当りを右に曲がってすぐ左前方にお店あり。しかし、こんな奥まったところに店を出すとは〜。

ちなみに伏見の萬福は、もう10年前に行ったっきり。
私の好きな味だったので、また行きたいとは思ってたが、伏見のあの場所はアクセスの問題もあって県外者にはそう簡単には行けないんだな。それが京都駅前に伏見の萬福と同じ味で提供されるならラッキーこの上ない!。


萬福 京都駅前店

豚骨と鶏ガラを煮込んだ口当たりすっきりなスープ。こんもりと盛られた青ネギ、薄くスライスされた柔らかいチャーシュー。この懐かしい味わいはまさに伏見の萬福の味。


萬福 京都駅前店

いや〜旨い。

【おもなメニュー】
しょうゆラーメン・・・・650円
みそラーメン・・・・750円
特製しょうゆラーメン・・・・850円
特製みそラーメン・・・・950円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年06月13日

麺屋かんじん堂@京都市下京区

麺屋かんじん堂

京都で仕事、お昼に京都駅前ポルタにある麺屋かんじん堂へ再来〜。


麺屋かんじん堂

メニューです。
先月の来店時に食べた際には「柚子切り塩らーめん」を食しましたが、今回は「海老わんたん麺」にしました。


麺屋かんじん堂

いろいろとこだわりがあるのです。


麺屋かんじん堂

こちらが海老わんたん麺です。
ビジュアルも良く、食欲をそそります(^^)。


麺屋かんじん堂
麺屋かんじん堂

あっさり&すっきりとしたスープ、ぷりぷりの海老わんたん。
これは旨い!の一言です。


麺屋かんじん堂

海老油の風味もGOOD!
麺もツルツルとして喉越しも良いし最高のコンディションです。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

麺家いろは 京都駅ビル店@京都拉麺小路

麺屋いろは 京都駅ビル店

京都拉麺小路の「麺家いろは」へ2度目の来店。
前回は富山ブラックを代表する黒醤油らーめんを食べたが、今回はもうひとつの主力メニューである「白エビだし塩らーめん(白・らーめん)」を注文。


麺屋いろは 京都駅ビル店

エビが入ってます。これは「白エビの殻干し」だそうです。


麺屋いろは 京都駅ビル店

丸鶏と野菜の魚介を加えてじっくり煮込んだおだやかな味のスープ。
ん〜、黒醤油と違ってインパクトは無いけど、まぁまぁ。


【おもなメニュー】
黒・らーめん・・・・780円
黒・味玉らーめん・・・・880円
黒・プレミアム・・・・980円
白・らーめん・・・・780円
白・味玉らーめん・・・・880円
白・プレミアム・・・・980円
完熟みそらーめん・・・・880円
王様のチャーシューめん(黒・白)・・・・1380円
王様のチャーシューめん(みそ)・・・・1480円
ブラックつけめん・・・・980円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年05月24日

らーめん酒家 驛麺@京都市下京区

京都での仕事で、お昼に京都駅構内にある「らーめん酒家 驛麺」へ・・・・。
ここはJR東海系列のお店で、ここ京都以外にも浜松と愛知県の尾張一宮駅構内にも出店しているようです。


らーめん酒家 驛麺

代表メニュー「とんこつ醤油らーめん」を注文。
そしたら、小さな器に入った物も一緒に出してきた。
これは「からあじ豆乳」というもので、無添加・無調整の豆乳に、豆板醤やコチュジャンなどを合わせた辛味噌。これを入れることで、味わいとコクが広がります…とのこと。
では、あとで入れてみましょう。


らーめん酒家 驛麺

豚骨&鶏ガラを煮込んだスープ。色や味から醤油の強さをそう感じない。
麺は国産小麦を使った歯ごたえのある、ややウェーブがかった麺。


らーめん酒家 驛麺

少し食べてから別添の「からあじ豆乳」を入れてみました。
混ぜてしまえばそう辛くは無いけれど、スープ全体にアクセントがついて、最初何も入れなかった時のとはまた違った味わいのラーメンとして楽しめます。


【おもなメニュー】
とんこつ醤油らーめん・・・・700円
醤油らーめん・・・・700円
味噌らーめん・・・・700円
塩らーめん・・・・700円

チャーシュー麺は各210円増し
大盛りは各100円増し


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年05月20日

新福菜館 本店@京都市下京区

新福菜館 本店

京都の仕事で、お昼に新福菜館へ。
昼11時半の来店で、結構お客さんも来ています。


新福菜館 本店

メニューです。


新福菜館 本店

フツーに「中華そば(並)650円」を注文。
今日もキリリと引き締まったスープです。


新福菜館 本店

麺もいつもの通り。
このところ他府県にあるFC店でばかり食べてましたが、やっぱ本店で食べる新福のこの味は最高です〜。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

すみれ 京都店@京都拉麺小路

連日仕事で京都へ。
お昼ごはんに拉麺小路の「すみれ」へ久しぶりの来店。
「すみれ」は、昭和39年に札幌で創業した老舗のラーメン店。
新横浜ラーメン博物館に出店してからその名を全国に知らしめ、京都拉麺小路に、すみれがオープンしたのは2006年2月。私はその直後に一度行って以来なのでずいぶんと久しぶりです。

すみれと言えば味噌ラーメンを思い出します。あのこってりとした味噌ラーメンはすごくインパクトあって、初めて食べた時は「おおお〜」って感じでしたもん。
味噌以外のも醤油、塩もあるんですが、今回は味噌ラーメンではなく、まだ食べたことのない「醤油ラーメン」を選択。

すみれ

醤油ラーメンです。1杯800円です(>.<)。(味噌は900円)


すみれ

麺は中太ちぢれ麺。
適度にコシのある麺はスープによく絡んでウマイウマイ!


すみれ

この醤油味スープもくっきりして、味噌ラーメンに負けない良い味です。


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年05月18日

麺屋かんじん堂@京都市下京区

麺屋かんじん堂

京都駅前・ポルタ地下街にある「麺屋かんじん堂」です。
このお店は何度も行ってるけど。私一人では滅多に行かないんです。連れがあって一緒に食事する際に行くお店。サイドメニューに京都らしいところが感じられるし、ラーメン以外に海鮮丼があるので、ラーメンだけでは足りないとか、ラーメンはちょっと今は〜って言う人を連れていく場合にも重宝するのです。
今回は京都で仕事があり、同僚たちと一緒の食事でこちらにというわけ。


麺屋かんじん堂

「柚子切塩らーめん」を注文。

柚子切り麺というのは、更科そばの柚子切りそばを中華麺で表現したという、麺屋かんじん堂の秀作です。上品でさわやかな柚子の香りを麺に封じ込め練り込んだ独特の麺。これに、東寺揚(海老の湯葉包み揚げ)がトッピングされた、気品のあるラーメンに仕上がっています。


麺屋かんじん堂

ん〜絶品〜。


【おもなメニュー】
醤油らーめん・・・・650円
塩らーめん・・・・650円
チャーシュー醤油らーめん・・・・880円
チャーシュー塩らーめん・・・・880円
柚子切塩らーめん・・・・850円
海老わんたん麺・・・・880円
天麩羅らーめん・・・・780円
つけめん・・・・700円
特製つけめん・・・・880円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

麺家いろは 京都駅ビル店@京都拉麺小路

麺屋いろは 京都駅ビル店

京都拉麺小路にある、富山ブラックの「麺家いろは」へ初来店。
メニューはこのような感じで、黒醤油らーめんと白エビだし塩らーめんの2本柱。
そのほか、ブラックつけ麺、完熟みそらーめん、王様のチャーシューめんといったラインナップになってます。



麺屋いろは 京都駅ビル店

黒醤油の味玉らーめんにしました。


麺屋いろは 京都駅ビル店

麺はワシワシ食えるボリュームあり。


麺屋いろは 京都駅ビル店

富山ブラックといったらこの色ですわ。

私は富山にある麺家いろはに行ったことが無いので比較できませんが、富山の店で食べた知り合いによれば、ぜんぜん京都のほうがマイルドで塩分控えめだってことです。
富山ブラックを関西で食べられる唯一の店。貴重です〜。
でも、普通のらーめんで780円はちょっと高いなぁ…。


【おもなメニュー】
黒・らーめん・・・・780円
黒・味玉らーめん・・・・880円
黒・プレミアム・・・・980円
白・らーめん・・・・780円
白・味玉らーめん・・・・880円
白・プレミアム・・・・980円
完熟みそらーめん・・・・880円
王様のチャーシューめん(黒・白)・・・・1380円
王様のチャーシューめん(みそ)・・・・1480円
ブラックつけめん・・・・980円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年05月03日

麺宗 京都洛二神@京都市下京区


京都洛二神京都洛二神

以前は右京区の京都外大近くにあったが去年(2009年)夏に、下京区の現在地に移転してきました。
移転前の店も行ったことがなかったんで、今回行ってみることに・・・。

場所は四条通から柳馬場通を下がったところ。
目印は上の写真の大きな提灯が出ているビルの1F奥まったところにあります。
この提灯が出てなかったら、絶対気づかないな(^^;。

ちなみに某ラーメン本によれば、麺宗京都洛二神は、大阪天満の洛二神の暖簾分けとのことだが、こちらのラーメンは、本家の洛二神のラーメンと違って魚介100%のスープ(洛二神は魚介と動物系のWスープです)。よって、本家の洛二神とは味がちょっと違うとのこと。
メニューを見ると、和風中華そば、塩そば、塩地鶏つくねそば、今日地鶏のせせりそば、醤油そば、つけ麺といったように、大阪の洛二神のメニューとは和風中華そば以外、あきらかに違ったものが並びます。


京都洛二神

和風中華そば(700円)を注文。
ん〜、器は大阪の洛二神と同じですが、やはり魚介100%のスープと言うことで若干味は違います。
醤油の味が濃く、奥深き甘い味わいのするスープなのです。


京都洛二神

麺は自家製麺とのこと。
ちょっとコシのない弱い麺ですが、このスープにこれはこれでイイかも。

【おもなメニュー】
和風中華そば・・・・700円
味付玉子入り中華そば・・・・850円
チャーシューそば・・・・900円
味付玉子入りチャーシューそば・・・・1050円
塩そば・・・・700円
塩地鶏つくねそば・・・・800円
京地鶏のせせりそば・・・・800円
醤油そば・・・・700円
つけ麺・・・・800円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント