兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、大分県、奈良県の記事を投稿する予定です。
●

2008年06月03日

酒楽や@徳島市

徳島市中心部から吉野川を渡った川内町にある店。「酒楽や」と書いて「しゃれや」と読みます。国道11号線から横道に入ったところにあり、その横道の道幅が細いんで、気をつけていないと通り過ぎてしまうような場所にあるんで注意。
窓が多く、明るく開放的な店内で、窓側に沿ってカウンターがずらりと並び、中央にテーブル席、奥にはお座敷もあります。

酒楽や

ラーメンは、中華そばと塩バターラーメン、豚骨ラーメンなどがメニューに揃う。+50円のたまごトッピングにして中華そば小を注文。これで500円。
中華そばは、見た目は徳島スタイルの茶色い中華そばだけど、鶏ガラ・野菜などを煮込んだ、わりとあっさり目の醤油味スープ。麺は他店にも多い硬めの中細ストレート麺です。
お店は清潔で接客も丁寧。幼児用の椅子もあり、小さな子供のいる家族連れにはオススメできます。

酒楽や


お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

松本@徳島県小松島市 

小松島の松本へやってきました。この店に来たのは2年ぶりです。
昭和32年創業の老舗らしく、昔の食堂って感じの店構え。
麺メニューは中華そば1種類のみ。
近所からの出前注文が多いようで、電話を受けてはお店の人は出前に行かれてました。

松本

ここ、松本の中華そばも小松島の店に多い乳白色系統の豚骨スープ。ちょっと生姜の風味もある。麺は柔らかめの中太ストレートで、スープとにピッタリ合う味。脂身の少ないチャーシューもあっさりしてて旨い、ホッとする中華そばです。

松本

お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 11:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 徳島県

2008年03月11日

らーめん将軍@徳島市

ホテルに戻ったものの、食べたりない〜ってことで外出。
ホテルから車で5〜6分の「将軍」って店に入る。

らーめん将軍


基本のラーメンは、「あっさり」か「こってり」かを選択。
この選択肢があった場合、私はデフォでこってりにしてるので、こってりを選ぶ。
ココのは茶濁系のスープではなく、豚骨と鶏ガラ、野菜を煮込んだ、やや白濁したとろみのあるスープで、こってりとは言え、結構まろやかな口当たりのする味です。
朝5時まで営業しているのと、キャパ多く、座席数が多い割に客数は少ないので、長居できそう(^^;

らーめん将軍





お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

奥屋@徳島県板野郡藍住町

奥屋

オープンして4年目になるそうだけど、つい最近まで知らなかった。
それほど経っていない割には人気店らしく、徳島の情報誌にもよく出ている奥屋。仕事のあとに行ってきました〜!。
カウンター席のほか、奥にお座敷もあって家族連れで賑わっていた。
メニューは茶濁系中華そばの他、みそラーメンや塩とんこつもあるところが他の徳島中華そばの店と違うところです。
徳島系中華そばに食べ飽きた時にはエエかも。

中華そば肉入りで注文〜(玉は入れず・・・)。

甘辛く煮られた肉、シャキッとしたネギに歯触りのいいメンマ、それにモヤシ。
スープは徳島地鶏のガラと豚骨をベースにした醤油味。
とりあえず、徳島でのオススメの一軒です。
奥屋

お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

支那そば悟空@徳島県阿波市

王将で食べたあと、食べ足りないなぁと、近くに何か無いものか・・・と、徳島ラーメン本を見ていると、この「支那そば悟空」という店がわりと近いみたいなので行ってみることにした。
で、カーナビで住所から検索しようとしたら、私が乗ってる車のカーナビが古かったせいか、検索した住所(阿波市)が出てくれない。さらに電話番号検索でやってみてもダメだった。ラーメン本に出ている地図も、あまりにも簡略的すぎてわからない・・・。大まかな地図とカーナビの地図を照らし合わせるように、だいたいの場所まで適当に車を走らせたら、なんとか発見〜(^^;。
徳島ラーメン本よ、もうちょっと地図をなんとかしてくれ〜。

悟空

奥行きのある店で、手間テーブル席に陣取って「支那そば(小)」を注文。
ラーメン(支那そば)は徳島スタイル。スープは濃くなくあっさり味。


悟空



お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

王将@徳島県吉野川市

仕事の合間に鴨島町まで足を伸ばしてきました。
鴨島町は平成の大合併で今は吉野川市の一部になっています。
その鴨島で有名なこの「王将」、いつか行こうとは思ってた店だったので、ちょうどヨカッタ。
行った時間は昼の1時半を回っていたけど、テーブル席は埋まっていて結構なお客さんの数です。

王将

前日から煮込んでいるという豚骨ベースの醤油味スープ。チャーシューメンは丼一面に多くトッピングされてるらしいが、そんなにたくさん肉気を食べられないんで普通の中華そば小を注文。それでも厚目に切られたチャーシューがのってた。
いや〜、なかなかの味わいです。人気が高いのもうなずけますわ〜。


王将



お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

中華そば ウーハン@徳島県板野郡北島町

当然のことながら閉店しました

この日は徳島での仕事でした。徳島市から吉野川を越えたところにある北島町内を車で走ってたら、「ウーハン」という店があるのを発見。徳島でウーハンといえば、7〜8年ほど前まで徳島駅の西のほうに同名の店舗があり、徳島の人から「徳島でラーメンといったらウーハンが最高だ」と聞かされていた店。でも、徳島へ再訪できない間にウーハンは閉店してしまった(現在は別の店が営業)。同じ徳島県内で「ウーハン」とは、あのウーハンと関係がある店なんだろうか?と、入ってみた。
営業時間が11時10分から14時20分って、なに?この中途半端な時間は(^^;。でも営業時間が昼だけで短い、こういう店ほど穴場的なとこ多いんですよね〜!

ちなみに麺は自家製麺らしいです。少し期待して入ったら目の前に食券券売機。徳島には珍しいですね〜。
そして客席を見渡すと、なんか店の構造が変。薄暗い店内にテーブルが並べられ、調理場らしきところには小窓があり。この小窓に食券を持っていって、呼ばれたらラーメンを取りに行くセルフサービススタイル。しかし、昼時なのに客が一人しかいない。

出てきたラーメンを見て、ちょっと絶句〜。

中華そば ウーハン

もちろん、かつての「ウーハン」と関係無いということは推して知るべし・・・・。
サイアク・・・O| ̄|_

中華そば ウーハン


お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 11:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 徳島県

2008年03月10日

両国@徳島市

徳島市内のホテルに宿泊し、ホテルを出て繁華街へ行って晩飯。この「両国」は、以前にも一度行ったことがありました。
ココの中華そばもやっぱり徳島式。徳島産の豚の丸骨とロース骨、鶏ガラ、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、昆布、いりこ等を煮込んだスープだそうです。それに化学調味料無添加ってことで結構手間暇かかってそうだけど値段は中華そばで税込み472円と徳島の平均価格。さらに、生玉子無料サービスがついているので、それを考えると結構お得。


両国

写真のラーメンは「肉入り」。
サービスの生玉子を入れたので、実質「肉・玉子入り」ってことになりますね。お値打ちです。
玉子を崩し、かき混ぜてから食べる。スープは少し甘辛く、生玉子を入れて口当たりもまろやか。麺もイイ感じ。


両国

中華そばの他に、「ぶためし」も注文。
ご飯の上に、中華そばのトッピングに入ってる肉が載せてある。


両国


お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

いわた 藍住店@徳島県板野郡藍住町

いわた 藍住店

いわた 藍住店


お店の営業データ・地図を参照
posted by かもねぎ at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県

2007年02月11日

東大 八万店@徳島市

コメントは、もうちとお待ちを・・・。
東大 八万店


東大 八万店




posted by かもねぎ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島県