兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、宮崎、鹿児島、熊本、奈良、和歌山の記事を投稿する予定です。
●

2011年12月18日

麺屋高井田@大阪市中央区

麺屋高井田



麺屋高井田

写真は「スジカレーラーメン」(600円)。


麺屋高井田



posted by かもねぎ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年10月25日

つけ麺 雀@大阪市中央区

つけ麺 雀



つけ麺 雀



つけ麺 雀



つけ麺 雀



つけ麺 雀






posted by かもねぎ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年10月08日

どうとんぼり神座 心斎橋店@大阪市中央区

どうとんぼり神座 心斎橋店



どうとんぼり神座 心斎橋店

写真は「おいしいラーメン(600円)」。


どうとんぼり神座 心斎橋店



どうとんぼり神座 心斎橋店






posted by かもねぎ at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年10月06日

三代目 宮田麺児@大阪市中央区

三代目 宮田麺児



三代目 宮田麺児

写真は「T2G-D」(850円)。


三代目 宮田麺児



三代目 宮田麺児




posted by かもねぎ at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年04月24日

ずんどう屋 大阪本店@大阪市中央区

ずんどう屋 大阪本店

兵庫県姫路市を拠点に店舗展開している「ずんどう屋」が、とうとう大阪進出。
しかも「大阪本店」と銘打ってることから、この店を大阪の基幹店として大阪でも店舗展開を始めるのだろうか?


ずんどう屋 大阪本店

メニューは姫路などの店舗で出してるのとは多少違って少なめで、値段もやや高い。
メインとなるラーメンは、なぜか「大阪背脂系濃厚とんこつ味」と銘打って出している。


ずんどう屋 大阪本店

一番人気という「味玉らーめん」

ずんどう屋 大阪本店



posted by かもねぎ at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年02月12日

一燈行 心斎橋店@大阪市中央区

残念ながら閉店しました

一燈行



一燈行



一燈行




posted by かもねぎ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2011年01月09日

二代目みさわ@大阪市中央区

二代目みさわ


二代目みさわ


二代目みさわ




posted by かもねぎ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2010年07月24日

麺鮮醤油房 周月@大阪市中央区

周月

日本橋駅方向から黒門市場のアーケードに入り、黒門市場の筋を南へずっと歩いて市場のアーケードを貫け切った先の右手にポツリとこのお店はあります。
お店の名前は「麺鮮醤油房 周月」。愛媛県松山市にある「周平」という松山で人気のラーメン店が大阪に出店した店舗だそうで。松山の周平は私も一度だけ行ったことがありますが、どんな店だったか急に聞かれても思い出せない(^_^;)。


周月

周平は松山において、早くからつけ麺を売りにしていたお店だそうなので、必然的にこの「周月」も、つけ麺を前に出すようで。しかし、メニューの名前はつけ麺では無く「つけそば」。何かこだわりがありそうですね〜。
メニューに書かれている通り、つけそばは麺量200グラムの並盛りから始まり、中盛り、大盛り、そして500グラムの特盛りまで、すべて同じ780円で出している。並盛りでは割高だが、大盛り・特盛りで780円ならお得感バッチリです。


周月

つけそば(中盛り)でいきました。
もっとおなかすいてたら大盛りくらいいってたんですがね〜(^^;。


周月

麺は店の入口にガラス張りで外からでも丸見えの製麺室があって、そこで自家製麺しています。
このツヤっとした太麺はまるで細うどんのよう。

周月

つけ汁は魚介の風味を効かせたもので、独特の酸味があるのがちょっと気になるかな。
でも、つけ汁に絡む麺はガッツリとした歯ごたえがあって旨いぞ!

松山の周平ではラーメンを食べてたので、松山でもつけ麺(つけそば)食べたいですね。

【おもなメニュー】
つけそば・・・・780円
油そば・・・・680円
周月らーめん・・・・700円
炙りちゃーしゅーめん・・・・950円
ネギチャンらーめん・・・・680円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2010年06月21日

Junk Story 谷町きんせい@大阪市中央区

Junk Story 谷町きんせい

仕事で谷町六丁目まで出歩いていたついでに、地下鉄で一駅先の谷町九丁目まで行って、6月16日にオープンしたばっかりの「Junk Story 谷町きんせい」へ行ってきた。
場所は谷町九丁目駅の西改札口から1番出口を出て千日前通を西へ歩いて2分もしないうちに到着です。駅から近い!。

「谷町きんせい」と名乗っているということは、そうです。あの高槻などにある「きんせい」の系列店で、高槻栄町、東成、交野、高槻駅前、茨木と続き、この谷町で6店目のきんせいなのです。

みなさん、どこでオープンしたという情報を聞きつけて来店するのだろうか。やっぱりネットの情報なのでしょうか?。午後2時前に来てみると、狭い店内は満席に近い状態で、入口に近いカウンターの2席だけが空いていたのでそこに着席。

Junk Story 谷町きんせい

メニューはこんな感じで、塩らーめん、塩のキラメキ、濃口醤油らーめん、つけ麺といったラインナップ。メニューにそれぞれの麺量まで細かく書かれているとはラーメンマニア向けなのか(笑)。
塩のキラメキにしようかな〜?とも思ったけど、とりあえずメニューの一番最初に書かれてたのが塩らーめんだったもんで「塩らーめん」で決定〜。
ちなみに周囲の客を見渡すと、みんなつけ麺を食べてました(^_^;)。

Junk Story 谷町きんせい

しばらくして出された塩らーめん。
スープはあっさりだけれどコクがあり上品な味わいのするラーメン。
いや〜、旨い!

Junk Story 谷町きんせい

麺は店の上で作られている自家製麺。
コシ・歯ごたえがあり表面がツルツルとしている平打ち麺で、喉越しも最高です。

濃口醤油やつけ麺も気になるんで、近いうち再訪します。


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南

2010年06月10日

道頓堀ラーメン 豪竜@大阪市中央区

道頓堀ラーメン 豪竜

道頓堀にある「豪竜」というラーメン店。
ここは以前、康竜というラーメン店があった場所。
康竜は注文のシステムが数軒隣にある一蘭と同じという店であったが、結果は一蘭の勝ちで、康竜はオープンから1年ちょっとで開店してしまいました。
で、そのあとに出来たのが「豪竜」。
「こうりゅう(康竜)」から「ごうりゅう(豪竜)」と、名前もそっくりです(^_^;)。

道頓堀ラーメン 豪竜

道頓堀川リバーウォーク側入口から階段を上がって店内に入ってビックリ。
このわけわからん装飾が店内一面に!
さらに店内には中国人観光客の集団がおったO| ̄|_。

とりあえず食券券売機で食券を購入。

メニューは、二段重ねスープ醤油味、二段重ねスープ味噌味、豪竜つけ麺といったラインナップ。なんか長ったらしいけれど簡単に言えば、醤油、味噌、つけ麺の3種あるということ。また、そこからさらに野菜盛り、野菜メガ盛り、チャーシューなどのトッピングを加えることで、二郎インスパイアなラーメンにすることも可能と。
私は普通に醤油味のトッピング無しで注文。
麺は細麺と黒竜あばれ麺(太麺)のどっちかをチョイス。
普通に細麺にした。


道頓堀ラーメン 豪竜

醤油味のラーメン。
最初に店員さんが持ってきて、そこへまたスープが追加で注がれ麺と具がなみなみとスープに埋もれてしまった。具はチャーシュー、ネギ、メンマと、背脂が若干入ってます。


道頓堀ラーメン 豪竜

麺は多加水の中ストレート麺で、これといった特徴もインパクトも無し。
スープはまぁまぁ良い感じではあったけど、黒竜あばれ麺とかいう太麺にしたら良かったかな?
それプラス・メガ野菜盛りですな!




お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント
posted by かもねぎ at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-中央区-長堀以南