兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、埼玉県、沖縄県、東京都の記事を投稿する予定です。
●

2012年12月26日

麺や太陽@大阪市北区

残念ながら閉店しました

麺や太陽



麺や太陽



麺や太陽



麺や太陽



麺や太陽


2012年11月26日

一休さん@大阪市北区

一休さん



一休さん

写真は「とんこつラーメン(並)」(580円)。


一休さん


2012年11月08日

ミスターPuppy@大阪市北区

ミスターPuppy

仕事のお昼休みに、久しぶりのミスターPuppyへ来店。


ミスターPuppy

写真は「梅カレーラーメン」(750円)。


ミスターPuppy

さっぱりとした梅肉の風味が感じられるカレースープ。


ミスターPuppy

仕上げは、残ったカレースープに、オプションでつけたご飯(小…100円)と、梅カレーラーメン付属の海苔あられを投入。


ミスターPuppy

カレーリゾットとしていただきます。
梅の香りもプ〜ンと来て、意外に合っててこれはウマイ!

2012年10月23日

西天満 麺乃家@大阪市北区

麺乃家 西天満

今回も仕事帰りに同僚と西天満麺乃家へ…。
この日は会社の車を使って来たので車は近くのコインパーキングへIN。


麺乃家 西天満

写真は「しおらーめん(こってり)」(750円)。


麺乃家 西天満

鶏がらとサンマ節を濃縮して取った、
口当たりの良いクリーミーなラーメンです。
麺はツルツルの自家製麺。GOO!( ^^)

2012年10月11日

天府一品@大阪市北区

天府一品

国道1号線(曽根崎通)と天満橋筋が交わる東天満交差点南西角にある店。
担々麺が看板メニューの「天府一品」。


天府一品

担々麺以外にも中華の一品メニューもいくつかあります。
お昼限定かもしれないけど、キムチとザーサイが自由に取って食べられるサービスがありました。ご飯もついてきます。こちらもおかわり自由。


天府一品

写真は「赤担々麺」(800円)。


天府一品

昼は漬物とご飯の定食で800円ですが、夜は単品で800円になります。
ちょっと高めかな…。

2012年10月09日

笑福 南森町店@大阪市北区

笑福 南森町店

南森町交差点から少し南へ歩いたところにある、ラーメンつけ麺「笑福」です。


笑福 南森町店

写真は「ラーメン+野菜増し」(650円)。


笑福 南森町店


2012年06月25日

麺や夢中@大阪市北区

麺や夢中



麺や夢中

写真は「とんこつらぁめん」(700円)。


麺や夢中




2012年02月25日

薩摩っ子 総本店@大阪市北区

薩摩っ子 総本店

職場のすぐ近くにありながら、訪れることがほとんどない薩摩っ子の総本店へ何年ぶりかにランチで訪問。お昼時だけど店内は空席がちらほら…。

この薩摩っ子は鹿児島出身の先代店主が1963年に屋台で営業を始めたのがスタートと言うからもう50年?。歴史あるのですね。

私がこの店を初めて来たのが日本経済がバブル真っただ中の80年代末期頃、夜に行くと10人、20人の行列は当たり前で、天満橋筋は客の車の路駐でいっぱい。
ラーメンはその当時で800円という値段で、大盛りが1100円、チャーシューメンは1200円もしてました。
大阪でラーメンというと「金龍」か「薩摩っ子」が熱い!、そんな時代だったのでした。

で、20年以上が過ぎた今はというと…。
賑わってた時代を知ってる者としては、悲しいかな…。


薩摩っ子 総本店

ランチタイムにいけば、850円でライスと小皿に入ったキムチがついてきます。
ニンニクはこの時間なのでいれないでおきます。


薩摩っ子 総本店

ヤワ麺にあっさりとんこつ。なつかしい味です。
若いころ、行列して食べた時は、もっとコッテリしてた気がしたけど気のせいかな。
私はこのラーメン自体は嫌いではなく、時々は食べたいと思うのですが、850円だともっと他にいいラーメンが食べられることを考えると、なかなかここに足が向かなくて…。

2012年02月18日

剛力@大阪市北区

残念ながら閉店しました


剛力



剛力



剛力

写真は「マヨネーズラーメン」(790円)。


剛力





2012年02月17日

西天満 麺乃家@大阪市北区

麺乃家 西天満店

2度目の麺乃家西天満店来店。
今回は仕事帰りに同僚と行ってきました。


麺乃家 西天満店

まだ未食である「塩らーめん」を。
見た目がとてもキレイですね〜。


麺乃家 西天満店

さっぱりとしながらも味わいのある塩らーめんです。
紀州産の梅がトッピングされていて、これを少しだけ麺に絡めて食べたり、スープに少しずつ混ぜてみたり、食べ方はいろいろ。
爽快な味わいを感じることができる満足な一杯です。