兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、愛媛県、徳島県、鳥取県、大分県の記事を投稿する予定です。
●

2004年07月10日

彩色ラーメンきんせい@高槻市

結構メニューのバリエーション豊富な「きんせい」に、さらに新しく「味噌」が出たとのこと。しかも限定メニューなのでいつでも食べられる物ではないという。ということで、お店へ電話して味噌が食べられるかどうか確認して来店。

彩色ラーメンきんせい

超濃い〜目の味噌味でピリ辛・ニンニクの風味も効いていて、冬に食べれば体の芯からあったまりそうな味。ネギのかわりに水菜を入れているところなんぞ心憎い演出も。美味しい自家製縮れ麺とも調和しているし、夜に名神飛ばして来たかいがありましたというもの。また食べに行きたいです(^^)。値段は1杯750円也。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2004年01月24日

彩色ラーメンきんせい@大阪府高槻市

彩色ラーメンきんせい

阪急京都線富田駅から歩くこと約20分、以前から行きたかった高槻の名店、きんせいへやっと行ってきた。
メニューは次の通り・・・。
らー麺・醤油…600円、醤油ちゃーしゅー…850円、 こだわりの塩…650円、こだわりの塩ちゃーしゅー…900円、 薫製鶏塩…850円(数量限定品)、和歌山中華そば…600円、 特製中華そば…800円。つけ麺は700円、薫製鶏塩つけ麺950円で、 麺は並盛りで200グラム、100グラム増すごとに100円増し。


彩色ラーメンきんせい

限定品という言葉に弱い私は最近メニューに加わったという薫製鶏塩を注文。
日向鶏の薫製と、半熟味付け玉子を薫製にしたものがトッピングされ、紅く見えるのは何かと思ったら乾燥梅。そして別皿にえびせんが添えられてる。
私は肉類の薫製はあまり好きではないのだけど、薫製の独特なスモーク臭さは全然気にならない。
奥深い味のスープ、モチモチとした麺も、文句のつけようのない味。
もっと早くに来て、この味を堪能してれば良かった。
また行きます。