兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、奈良県、和歌山県の記事を投稿する予定です。
●

2015年11月02日

中華そば ほそかわ 花屋町本店@京都市右京区

中華そば ほそかわ 花屋町本店

すごく久しぶりに京都の「ほそかわ」へ行きました。
このほそかわは、私がラヲタ開眼した頃、よく行った店の一つでもあります。


中華そば ほそかわ 花屋町本店

私にとって、1990年代初頭〜半ば頃は一乗寺の天天有、北堀川の日本一、紫野の佛教大近くのタンポポ、伏見桃山の大中、そしてこの花屋町のほそかわのラーメンがお気に入りで、これら京都の名店へはローテーションで通ったもんでした。
特にほそかわは、その頃に付き合っていた彼女の実家のすぐ近くだったので、彼女の家に行くまでの腹ごしらえによく食べに行ってたもんでした。この店に来ると、当時のことが思い出されます〜。
このほそかわは、京都ラーメンの老舗である「ますたに」で修行した店主が開いた店なので、ますたに風のギトギトの背脂を入れた、いわゆる「背脂チャッチャ系」のラーメン。


中華そば ほそかわ 花屋町本店

写真は「ラーメン(並)」(650円)。



中華そば ほそかわ 花屋町本店



中華そば ほそかわ 花屋町本店





2014年10月26日

麺処 鶏谷@京都市右京区

麺処 鶏谷



麺処 鶏谷



麺処 鶏谷

写真は「鶏谷そば」(750円)。


麺処 鶏谷



麺処 鶏谷


2014年10月18日

らーめん鶴武者@京都市右京区

らーめん鶴武者



らーめん鶴武者



らーめん鶴武者

写真は「らーめん」(730円)。


らーめん鶴武者



らーめん鶴武者




2012年10月10日

天天有 桂川街道店@京都市西京区

天天有 桂店



天天有 桂店

写真は「中華そば(並)」(680円)。


天天有 桂店






吉匠丸@京都市西京区

吉匠丸



吉匠丸



吉匠丸


2012年05月06日

紫蔵@京都市北区

紫蔵
紫蔵

日曜日のある日、行列覚悟で紫蔵へ行きました。
お昼前の来店時間ですでに行列30人近く。すぐ横のコインパーキングに、大阪や愛知などの県外ナンバー車が時々入って来ますが、その車から出てくる人みんなが紫蔵の列に並んで来ます。

結局、並び始めてから入店して席に着けるまで1時間ほどかかりました。


紫蔵

メニューです。


紫蔵

写真は「らーめん」(650円)。


紫蔵



紫蔵



2010年06月25日

山崎麺二郎@京都市右京区

山崎麺二郎
山崎麺二郎

西ノ京円町にある山崎麺二郎は、京都の新進気鋭のお店の一つ。
店主は大阪上六にある名店・麺乃家の出身。
この数年、師匠店である麺乃家も御無沙汰している私ですが、この京都の山崎麺二郎へも、ようやく訪問が叶ったわけなのです。
行列を覚悟で行ったけど、午後9時ともなると空席もあり待たずに入店。


山崎麺二郎

メニューはこの通り、シンプルです。
初めてなので「らーめん」でいきます。


山崎麺二郎

白い器に映える濃い醤油色。
口の中にじんわり広がる優しい味わい。
鶏と和風ダシを合わせたこのスープがウマい!。


山崎麺二郎

麺は自家製麺だそうです。
麺乃家の麺との違いはどうかなど、長らく麺乃家に行ってないから比較できないけど、コシがありとってもナイスな細麺。
期待通りの味で、ヨカッタ(^^)。
また来ます。

2009年10月14日

壱馬力@京都市北区

壱馬力

ちょうど仕事で近くまで来ていたもんで、やっと行けた壱馬力・・・。

2008年9月にオープンした壱馬力は、京都千本丸太町の「しゃかりき」が京都産業大学の構内に開設した新しいタイプのラーメン店(2号店)です。
専門店ながら学食としての位置づけで営業されています。
大学内にある店舗ということもあり日曜祝日休みで、土曜は昼3時まで、平日は夜7時頃まで営業しているとは言え、京都駅からでも相当行きにくい場所にあるので、なかなか行けなかったのです。
以前、イベント開催時は日曜でもやっているだろうと思って2008年の学祭の日に行ってみたら、見事、閉まっていたという〜(^^;。
そんな振られた過去があったけど、今回運良く仕事で上賀茂へ(^^)。


壱馬力

メニューは、京都背脂醤油らーめん(450円)、とんこつ魚介らーめん(500円)、博多とんこつ(480円)の3種類。
学生向きに値段が500円以下の設定になっているのです。
まずは食券券売機で食券を購入し、トレーを持って調理カウンターへ行って並んで待つという学食スタイルを取り入れてます。

壱馬力

とんこつ魚介らーめん(500円)にしました。
さすがは学食スタイルの店。注文を受けてからの麺の茹で時間から何から素早く、あれこれと見ている間に出来上がりです。
出来上がるのを待たされているって感覚が無かった。

壱馬力

麺は壱馬力用に、本店(しゃかりき)の麺とは違う特注の細麺を使用。
ん〜、500円で食べられるラーメン。最高です〜(^^)。


ところで今回は仕事で使ってた車で来て、大学近くにある有料駐車場に止めてたのだけど、車を出して駐車料金を精算しようと100円玉2枚ほど用意して駐車券を機械に入れたら、表示金額がなんと600円!!
何?この駐車料金の高さは〜!!止めてた時間30分ほどやで〜!
あとで確かめたら時間に関係なく駐車料金1日600円だった(−−;)。
まぁ、仕事の途中でしたし、駐車場料金は会社請求にしておきました(^^)。

【おもなメニュー】
京都背脂醤油らーめん・・・・450円
とんこつ魚介らーめん・・・・500円
博多とんこつらーめん・・・・480円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

中華のサカイ みその橋店@京都市北区

サカイ 御薗橋店

サカイは中華料理店で、から揚げ、酢豚、八宝菜といった中華の定番メニューはもちろん、中でも特に冷麺で有名な店です。
私がこのサカイに初めて来たのは1993年で、当時から冷麺は人気メニューで、私も初めて来たその時に冷麺を食べました。
ここに来る一見客は、ほぼ皆、冷麺を注文しますね。
しかし、今回は人気の冷麺は無視して、ラーメンを食べます〜。

ラーメン類はメニューが豊富で、シンプルな中華そばをはじめ、和風ラーメン、広東ラーメンや、臣漢ラーメン、豚々麺といった独特な名称のメニューがあります。

サカイ 御薗橋店

今回、私が選んだのは「豚々麺」(上の写真)。
キャベツと豚バラ肉を甘辛い味噌を絡めて炒めたものをトッピングしたラーメンです。

サカイ 御薗橋店

ん〜、いい感じ。

サカイ 御薗橋店

こんなに分厚い豚バラ肉です。

冷麺も久しぶりに食べたいですね〜。
こんど行った時には冷麺を食うぞ〜♪。


【おもなメニュー】
ハム冷麺・・・・640円
ハム冷麺(大)・・・・900円
焼豚冷麺・・・・690円
焼豚冷麺(大)・・・・950円
中華そば・・・・520円
チャーシューメン・・・・670円
メンマラーメン・・・・720円
みそラーメン・・・・650円
和風ラーメン・・・・520円
臣漢ラーメン・・・・700円
広東ラーメン・・・・670円
豚々麺・・・・700円
ワンタンメン・・・・650円
五目そば・・・・720円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

ラーメン日本一@京都市北区

ラーメン日本一

この鴨ラー日記でも幾度か登場している京都市北区の「ラーメン日本一」は堀川北山交差点を上がった場所に店がありますが、それ以外にも京都市内に、のれん分けで他にもラーメン日本一という店があるということは知ってましたが、今回は堀川北山の店ではなく、同じ京都市北区内の、のれん分け店の方へ行ってみた。

メニューにド根性ラーメンがある点は堀川北山の店と同じですが、
コロッケラーメンやヤサイラーメンといったメニューがあったり、
ド根性餃子が無い点、ド根性ラーメンを2杯食べたら無料みたいなチャレンジ企画が無かったりと、堀川北山の店とは色々異なるようです。


ラーメン日本一

普通にラーメンを注文しようと思ったけど、「すじラーメン」というメニューがあったので、それ注文。
さて、お味のほうはと言いますと・・・・。



01.jpg01.jpg

スープは、あっさり豚骨ベースの醤油味。20年前に多かったタイプの豚骨スープで、20年前だったら受ける味でしょうか。
私にとっては、なつかしい味〜。


【おもなメニュー】
ラーメン(並)・・・・550円
ラーメン(大)・・・・650円
みそラーメン・・・・600円
チャーシューラーメン・・・・650円
コロッケラーメン・・・・750円
ヤサイラーメン・・・・550円
キザミラーメン・・・・550円
ド根性ラーメン・・・・850円
ミニラーメン・・・・450円
すじラーメン・・・・650円
カレーラーメン・・・・650円
すじカレーラーメン・・・・750円
キムチラーメン・・・・650円

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント