兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、奈良県、京都府、滋賀県の記事を投稿する予定です。
●

2021年09月24日

【閉店】中華ばそ@大阪市北区

残念ながら閉店しました

中華ばそ

大阪駅前第1ビル地下1階北側通路沿いにある「中華ばそ」へやって来ました。
ココは今年(2021年)1月25日にオープンした麺屋7.5hz+ 西梅田店が、半年後の7月1日に独立して「中華ばそ」としてリニューアルオープンしたもの。


中華ばそ

メニューです。


中華ばそ

「醤油ラーメン」(650円)。


中華ばそ

高井田系のラーメンの特徴である、キレのある醤油味のスープ。


中華ばそ

麺は中太麺・ちぢれ細麺・ストレート細麺から選べます。
写真は中太麺。もっちりとしてイイ感じ。
麺屋7.5hz+のラーメンとはまた違う味わいの高井田系が味わえます。

※…2023年7月29日をもって閉店しました。

2020年12月29日

【閉店】麺屋楼蘭@大阪市北区

残念ながら閉店しました

麺屋楼蘭

大阪駅前第二ビル地下の麺屋楼蘭へ…。


麺屋楼蘭

注目するはこのメニュー。


麺屋楼蘭

「汁なし担々麺」(580円)。
それプラス、〆に食べる半ライスも注文(⁺50円)。


麺屋楼蘭

シンプルな汁なし担々麺です。


麺屋楼蘭

麺は結構もっちりしていて美味し〜。


麺屋楼蘭

〆の半ライスを投入します。


麺屋楼蘭

残った具としっかり混ぜ合わせて、ごちそうさんでした。


2020年11月18日

真っ赤ならーめんとまこ 大阪駅前第3ビル店@大阪市北区

真っ赤ならーめんとまこ大阪駅前第三ビル店

大阪駅前第三ビル地下2階に「真っ赤ならーめんとまこ」が今年(2020年)11月1日にオープンしました。真っ赤ならーめんとまこは、らーめん亀王などを展開する大真実業が展開するラーメンブランドの一つで、枚方、神戸三宮に次ぐ3店舗目になります。ここは以前「麺乃國+」があった場所ですね。


真っ赤ならーめんとまこ大阪駅前第三ビル店

メニューです。


真っ赤ならーめんとまこ大阪駅前第三ビル店

「とまとカレーらーめん」(790円)。


真っ赤ならーめんとまこ大阪駅前第三ビル店

トマトの酸味とカレーのスパイシーさがうまくミックスされてイイ味です。


真っ赤ならーめんとまこ大阪駅前第三ビル店

スープにもよくマッチした、コシのあるストレート中細麺です。

2020年10月27日

麺屋7.5Hz 大阪駅前第二ビル店@大阪市北区

麺屋7.5Hz大阪駅前第二ビル店

大阪駅前第二ビル地下2階にある、麺屋7.5Hzに立ち寄り〜。


麺屋7.5Hz大阪駅前第二ビル店

「中華そば(中盛)」(630円)。


麺屋7.5Hz大阪駅前第二ビル店

いつもながらイイ感じの醤油味。


麺屋7.5Hz大阪駅前第二ビル店

ガッツリ太麺、ウマウマです ^^)_。

2020年10月03日

煮干しらーめん玉五郎 第四ビル店@大阪市北区

煮干しらーめん玉五郎第四ビル店

大阪駅前第4ビル地下にある「煮干しらーめん玉五郎 第四ビル店」です。
店の左側にある券売機で食券を購入後、カウンター席に着きます。


煮干しらーめん玉五郎第四ビル店

「塩煮干しらーめん」(800円)。


煮干しらーめん玉五郎第四ビル店

煮干しの風味が効いたスープ。


煮干しらーめん玉五郎第四ビル店

玉五郎独特の、コシのある多加水中太ちぢれ麺です。
ごちそうさんです。


2020年09月25日

麺処虎ノ王 第二ビル2号店@大阪市北区

虎ノ王第二ビル2号店

こちらは大阪駅前第二ビル地下2階に、今年(2020年)2月9日にオープンした店で、同じビルのフロア(南側)にも麺処虎ノ王があります。


虎ノ王第二ビル2号店

メニューは御覧の通り。
店頭にある券売機で食券を買って店内に入ります。


虎ノ王第二ビル2号店

「とんこつ醤油ラーメン」(750円)。


虎ノ王第二ビル2号店

豚骨・鶏ガラベースの口当たりの良いスープです。


虎ノ王第二ビル2号店

麺は中細ストレート。

2020年09月24日

汁なし担担麺専門 キング軒 大阪梅田店@大阪市北区

キング軒大阪梅田店

広島の汁なし担担麺の名店である「キング軒」が、今年(2020年)2月29日に大阪梅田の駅前第4ビル地下1階にオープン。
店は第4ビルの中でも人通りの少なく、わかりにくい場所にあるので注意が必要。


キング軒大阪梅田店

メニューは「汁なし担担麺」のみで、辛さ、麺の量、トッピングなどによって価格が変わって、1辛〜4辛の並盛(140g 茹で上がり200g)で価格は630円、大盛(210g 茹で上がり300g)が730円。
あと、券売機に「超山椒的汁なし担担麺 20倍」というボタンがあり、これが750円。


キング軒大阪梅田店

「汁なし担担麺」並盛、2辛でオーダー。
丼から山椒のイイ香りが漂ってきます。


キング軒大阪梅田店

これを言われるままに30回はかき混ぜます。


キング軒大阪梅田店

〆の半ライス(50円)。


キング軒大阪梅田店

麺を食べ終わったあとに半ライスを投入〜。


キング軒大阪梅田店

最後まで美味しくいただきました(^^)。


2018年11月20日

【閉店】どストライク軒 総本店@大阪市北区

残念ながら閉店しました

どストライク軒総本店

大阪駅前第二ビル地下1階に、11月にできた店。
天満の天神橋筋沿いにあるストライク軒の変化球バージョンですね。


どストライク軒総本店

「中華そば」(700円)。


どストライク軒総本店



どストライク軒総本店





2018年11月19日

さりぽろ 大阪駅前第一ビル店@大阪市北区

さりぽろ大阪駅前第一ビル店

大阪駅前第一ビル地下にある古くからのラーメン店で、このお店自体は昭和50年代頃から続いてるんじゃないかなと思いますが定かではありません(もっと前からかも?)。
さりぽろは、ワタシが子供の頃は「どさん子」「どさん子大将」の巨大チェーンの陰に隠れがちでしたが、札幌ラーメンを売りにしていた小規模なラーメンチェーン店でした。
平成初期頃には阪神間や北摂では、池田市や伊丹市、西宮市にも店舗がありましたが、今残ってる店舗って、もうここだけなんじゃあないですかねぇ?


さりぽろ大阪駅前第一ビル店

やはりここでは「味噌ラーメン」(650円)ですね。
鍋振りスタイルの昭和の味!。


さりぽろ大阪駅前第一ビル店

サラッとした味噌味。


さりぽろ大阪駅前第一ビル店

もっちり食感の縮れ麺も昔の味わいです。

2018年07月05日

【閉店】芦田屋@大阪市北区

残念ながら閉店しました

芦田屋

大阪駅前第二ビル地下にオープンした「芦田屋」に来店。


芦田屋

宇和島チャンポンがウリのようなので「チャンポン」にしました。
値段は680円です。
おなじ愛媛県の八幡浜市の八幡浜チャンポンは何軒かで食べましたが、宇和島チャンポンは初です。
八幡浜チャンポンとの違いは何なんでしょう?


芦田屋

麺はコシの弱い中太麺です。


芦田屋

スープは愛媛の地鶏と、高知県宿毛産のイリコで取った出汁を使用とのことで、透き通った、すっきり
・あっさりとしながらもコクのある塩味。
オプションで野菜マシ、肉マシもできるので、お好みでどうぞ。