兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、福島県、茨城県、和歌山県、鳥取県、島根県の記事を投稿する予定です。
●

2004年05月26日

名代らーめん一点張@三重県名張市

閉店・その後に別の場所で「一点張」として開店・営業中
急な用事で三重県の名張市へ行くことになり、帰りにラーメン食べようと思ってネットで調べてみても名張の情報はとても少ない。で、何人かの人に聞いてみたところ『一点張』というお店が桔梗が丘にあるとの情報をPAPUAさんからいただいて、早速行ってみることに。
このお店が紹介されているサイトの情報によれば、店主は大阪で6年、東京で20年修行。厳選した食材で16時間煮込んだまろやかな白濁スープで麺は自家製麺とのこと。
店に入ると、やたらとだだっ広い店内に客はゼロ。

名代らーめん一点張

メニューは「らーめん(正油・塩)」…650円、「わんたんめん」…800円、「豪快らーめん」「角煮らーめん(正油・塩)」「ちゃーしゅうめん」…各900円など。そして特大ギョウザが2つで350円。らーめん(塩)と、特大ギョウザも注文する。
塩らーめんは魚系と動物系とのWスープで、魚系ダシの香りは弱く、あまりハッキリとは感じられないものの、そこそこ良い出来。麺はストレートの細麺で、この食感は尼崎の麺屋花星の麺にソックリ。塩らーめんの味は両者違っているけど、麺を食べていると花星のことを思い出しました(笑)。
ジャンボギョウザは京都の日本一のド根性餃子みたいなものですが(それほど大きくはないけど) 味はまあまあ。しかし、私らがいた30分間の間、お客が誰も来なかった。国道165号線沿いで、ソコソコの通行量がある道沿いだし駐車場もあるんだけどなぁ。


名代らーめん一点張





posted by かもねぎ at 18:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 三重県