兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、鳥取、島根、滋賀、京都、奈良、沖縄の記事を投稿する予定です。
●

2013年10月20日

鷹流らーめん台湾台北店@台湾台北市

鷹流らーめん台湾台北店

東京高田馬場を本店にて営業している「鷹流らーめん」が台湾にも進出!。


鷹流らーめん台湾台北店

時間帯は昼のピークは過ぎてるはずだけど、店内は若い人たちでいっぱいでした。


鷹流らーめん台湾台北店

写真は「チャーシューメン」(300元…当時のレートで約900円ほど)。


鷹流らーめん台湾台北店



鷹流らーめん台湾台北店



posted by かもねぎ at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

2013年10月19日

龍袍湯包@台湾高雄市

龍袍湯包

龍袍湯包は高雄でも有名な小籠包のお店。
地元の人よりも観光客向けの店かな?
高雄市内では当日イベントがあり、混んでいるかと思ったら意外と空席があったので迷わず入店。


龍袍湯包



龍袍湯包

メニューの一部。
麺類もいくつかそろってます。
英語と日本語も併記されているのでわかりやすい!
注文は台湾式に、自ら注文票に記入して、それを店員さんに渡してOK。


龍袍湯包
龍袍湯包

小籠包もいろいろ食べました〜。

龍袍湯包
龍袍湯包

台湾ビールもググッとな〜。


龍袍湯包

こちらは「ワンタンスープメン(餛飩麺)」


龍袍湯包

麺はコシの弱い太めのストレート麺。


龍袍湯包

ワンタンは日本で食べるワンタンとはだいぶ違う。


龍袍湯包

もうひとつ麺を注文。
こちらは「ビーフのスープメン」。


龍袍湯包

あっさりとした牛ダシのやさしい味わいの麺。
これ単体で食べると少し物足りないですが、みんなで小分けして食べるのがよいかも。

お店はそれほど大きくなく、高級店でもないので気軽に行けるしおすすめですよ〜。

posted by かもねぎ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

2012年11月24日

六合張@台湾高雄市

六合張



六合張

写真は「排骨麺」。


六合張



posted by かもねぎ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

度小月@台湾台南市

度小月



度小月



度小月



posted by かもねぎ at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

2012年11月22日

屯京拉麺(屯ちん)@台湾台北市

屯京拉麺(屯ちん)

近年、日本のラーメン店出店が激しい忠孝東路を中心とした東区エリア。
その中でも早くから出店していた「屯京拉麺(屯ちん)」へ行ってきました。

この屯京拉麺は、東京池袋などに出店している「屯ちん」。
屯ちんは1992年、池袋にて創業。池袋の屯ちんは私も一度行ったことがあります。
大盛(2玉)・中盛(1.5玉)でも並盛と同一価格で提供するなど、サービスも満点。従業員の応対もしっかりしていました。

そんな屯ちんの台湾店は、店名が「屯京拉麺」。
「屯京」の中国語発音は「トンジン(tunjing)」で、「とんちん」に通じるのと、東京の中国語発音「トンジン(tongjing)」に近いこともあって屯ちんの「ちん」の字を”京”にしたのかな?

この台北の屯京拉麺は2011年9月10日にオープン以来、多くのお客さんで賑わっているようです。
普段は混んでるらしいけど、私が訪れた時はズボンの裾も濡れまくりのどしゃぶりの雨が降ってまして、そのおかげか訪れる客も少なく、カウンター席はガラガラでした。
カウンターの端っこに座って、メニュー拝見。


屯京拉麺(屯ちん)

店の隅っこには、日本国内で販売されてきた屯ちんのカップ麺が飾られていました。


屯京拉麺(屯ちん)

メニューです。
ちょっとわかりにくいけど、メニュー左上は「東京豚骨マル得入りラーメン(260元)」(基本の東京豚骨ラーメンは180元)。メニュー左下は「魚豚チャーシューメン(280元)」(基本の魚豚ラーメンは210元)

オーダー時に、麺の量を中国語で聞かれます。
大盛りなら「大碗(ターワン)」、中盛りなら「中碗(チョンワン)」で。
私は連食中だったので「普通(プートン)」で注文〜。


屯京拉麺(屯ちん)

東京豚骨ラーメンを注文(180元)。
麺は池袋の店と同じ中太ちぢれ麺。背脂が結構入ってるんでゴテッとしてるかと思ったが、スープ自体は癖のないシンプルな味わい。というか、ちょっと物足りないかな。台湾人にはちょうどいいかもしれないけど。いや、それでも濃いと言うのかも…。

しかし周りのテーブル客見てるとラーメン単品だけでなく、唐揚げ、ポテトフライ、石焼チャーハンなどサイドメニューを注文しまくり。日本の屯ちんでサイドメニューってイメージ無いもんでびっくりです。
やっぱり台湾と日本では客のニーズが違っていて、こちらの台湾の屯ちんは台湾のスタイルに合わせているんだなぁと実感しました。それは他の日本から進出したお店も同じ。

それと開店当初は必要だったサービス料(服務費)が撤廃されていました。
そのかわり160元だった東京豚骨ラーメンは180元というように、各メニュー20〜30元値上げされています。


お店のデータ
【店名】屯京拉麺(屯ちん)
【所在】台北市大安区敦化南路1段187巷36號  Google地図
【電話】02-2731-7897
【営業】11:00〜22:30(LO)
【定休】無休
【座席】カウンター席、テーブル席
【喫煙】禁煙
【車いす】入口まで数段の階段あり要介助
【最寄り駅】MRT板南線忠孝敦化駅1番出口を出て忠孝東路を東へ、SPIRITの赤い看板の店のある交差点を左に曲がり、通り(忠孝東路四段181巷)を北進。2つ目の通り(敦化南路一段187巷)を右に曲がって少し歩くと右手に店があります。忠孝敦化駅1番出口から約200mで徒歩3分程度。
【最寄りバス停】「捷運忠孝敦化」バス停下車
【その他】


posted by かもねぎ at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

ラーメン凪 台湾 台北1号店@台湾台北市

西門町

台北の繁華街・若者の街、西門町へやって来ました〜。
西門町は日本統治時代から続く繁華街で、東京で言えば新宿や渋谷、原宿といったところで、大阪なら心斎橋や難波、アメリカ村界隈みたいな感じの若者が多く集まる街です。
1980年代後半以後に東区エリア(忠孝東路あたり)が発展してくるようになって、西門町もかつてほどの賑わいも無くなった感じがするけど、まだまだ台湾を代表する若者の街として位置づけられています。


ラーメン凪 台湾

西門町を歩いていると、こんな垂れ幕が…。
「全宇宙最強のラーメン、西門町に上陸」
気になりますね〜。


ラーメン凪 台湾

その全宇宙最強のラーメンを出すラーメン屋は、ユニクロの入っているビルにありました。
ちなみにこのユニクロは日本国内でもニュースになってたが、2012年4月にオープンした台湾最大のユニクロなのです。


ラーメン凪 台湾

この看板が目印。ラーメン凪です。
「絶色影城」という映画館のエレベーターで6階に上がってすぐ!

この台湾のラーメン凪は2012年10月20日にオープンしたばかりだそうです。本店は東京ですが、海外店舗は台北のほか香港、インドネシア・ジャカルタにも出店し、えらい人気らしい。

凪は2004年、東京の新宿ゴールデン街発祥のお店。新宿ゴールデン街の店は私も一度だけ行ったことがありますが、とにかく狭く、隣席の客と肩がぶつかりそうなくらい、出入りする時は座ってる客に背中ぶつけながら通らないとならんくらい窮屈なお店でしたが、ラーメンの味は最高でした〜。
そこで出されていたラーメンは煮干し系のラーメンだったけど、台湾の凪で出されているラーメンは、渋谷の「ラーメン凪 豚王」のメニューのようでした。
私は新宿ゴールデン街の店で食べた煮干し系のラーメンしか食べたことが無いので、台湾の店で出される豚王系統のメニューは初体験!。さて、どんなラーメンなんだろう?。


ラーメン凪 台湾

エレベーターで6階に上がるとすぐ前が店でした。
店に入ると店員さんたちの「いらっしゃいませ〜」の元気なあいさつが飛び交います。
混んでる時間帯を外して来たので店内が閑散としていましたが、店員さん皆んながハキハキとした応対をし、素早い動きでこなしているので店の中はとても活気があります。

キャパはわりと広めで、座席はカウンター席とテーブル席があり、テーブル席は何となく屋台の雰囲気を醸し出しています。取りあえずココ西門町という場所柄、客層は若くて10代〜20代の男女客ばかりでした。


ラーメン凪 台湾

メニューはこんな感じ。
「これが日本の豚骨だ!」…いい文句ですな。
説明書きも無く、とてもシンプル…つーか、シンプルすぎて、それぞれがどういうラーメンかがよくワカランのだが…。

「豚王」が200元で、あとは「黒王」「赤王」「翠王」(それぞれ230元)があり、この4種類からチョイスする。とりあえず、基本メニューである「豚王」にしてみました。
オーダーは、着席時に店員さんから渡される「おもてなしシート(注文シート)」に赤ペンで記入するシステムなのです。

まずは先ほどの4種類の中からラーメンを選び、次にスープの味の濃さ、香味油の量、ニンニクの量、チャーシューの種類(肩ロースorバラ肉)、トッピングの野菜の種類(ネギorキャベツ)、そして「炎の醤」という秘製八味唐辛子の量、麺の硬さ、オプションのトッピングなどを個々に選択し、自分好みのラーメンにしてもらいます。多少内容の違いもあるけど、渋谷の「凪 豚王」でも同じシステムを採用しているようで。


ラーメン凪 台湾

こちらが「豚王」です。
味濃いめ、香味油・ニンニクは普通、チャーシューはウデ肉、野菜はキャベツで、炎の醤は2辛で、麺の硬さ普通でオーダーしています。
チャーシューの量が多い〜!


ラーメン凪 台湾

麺の茹で加減は普通にしときましたが、割としっかりした歯ごたえのある細麺です。
喉越しもイイです。


ラーメン凪 台湾

バラ肉のチャーシューは軟らかく、しっかりと味がしみ込んだ濃い味付け。


ラーメン凪 台湾

そしてスープ。豚骨は見た目濃厚だけど、飲んでみるとそんな濃い味ではなかった。
ニンニクの風味も漂っていていい感じです。口当たりもまろやかで個人的にはOK。
でも台湾人(中年以上)だと「濃い!しょっぱい!」と言うんだろうな〜。そして先日、長浜ナンバーワンで見かけたようなお湯を注文してスープ薄める客もいるやろうな〜と思いました(^_^;)。


ラーメン凪 台湾

お会計は200元+サービス料10%で220元(600円ちょっとくらい)。

3月14日には台湾2号店がオープンとのこと。
さらに勢いが加速するラーメン凪@台湾でした。


お店のデータ
【店名】ラーメン凪 台湾 台北1号店
【所在】台北市萬華區漢中街52號 絶色影城6F Google地図
【電話】02-2370-2000
【営業】11:30〜22:00
【定休】無休
【座席】カウンター席、テーブル席
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【最寄り駅】MRT板南線・小南門線「西門」駅6番出口を出て漢中街を北へ徒歩2分(150m)行くと左手にユニクロがあります。その横に「絶色影城」という映画館があるので、そこのエレベーターで6階へ。
【最寄りバス停】「西門市場」「中華路北站」「捷運西門站」などのバス停が最寄り
【その他】



posted by かもねぎ at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

麺家三士 信義ATT店@台湾台北市

麺家三士 信義ATT店

台北101の近くにあるショッピング施設・ATT4FUNの5階にある麺家三士(めんやさんじ)へ行ってきました。
この店は鹿児島を中心に九州や関東にチェーン展開している「鹿児島ラーメン我流風(がるふ)」系統の店で、この信義ATT店は2011年10月23日にオープン。
台湾では今回訪れた信義ATT店の他、南京MOMO店と忠孝店の計3店舗あり、日本には横浜ベイウォーターに1店舗、海外にはグアム、そして2012年12月にはシンガポールにも出店しているとのこと。

店内は窓が大きく明るく、とてもお洒落な雰囲気です。
時間的にちょうどお昼と重なったこともあるけど、満席で行列ができていました。
私は一人で来たので、待たされずに空いていた中央の四方テーブルカウンター席に座れましたが、テーブル席は15分以上の待ちになっています。
店員さんが手際よく待ち客をさばいて案内しているし、その対応もGOOD。
接客は完全に日本式で「いらっしゃいませ〜」です。

店に入って店内を見回すと、やっぱり日本のラーメン店の客層とは違うなと感じます。
日本のラーメン屋だと、この時間帯はサラリーマン1人客、男性複数人客、若い男女のカップルが1組いて…って感じで客層って結構限られていると思うのです、しかしこちらの客層は本当に多種多様です。
サラリーマン・OLの複数客、若い女性一人客、男性一人客、中年女性2人客、若いカップル客に中年夫婦客、60歳超えた初老の男性一人客とか。やはりこの店でも若い女性同士で来る客が多かった。これが台湾の特徴かな。日本ではランチに女性同士や女性一人でラーメン食べに来るって少ないですもんね。


麺家三士 信義ATT店

このメニューに書かれていた日本語文によりますと、店名になっている「三士」とは、明治維新の三傑で、新しい時代を切り開いた幕末の志士、土佐の坂本龍馬、長州の木戸孝允、そして薩摩の西郷隆盛の3人のことだそうです。しかし中国語で書かれた文では、これが「西鄉隆盛」「木戶孝允」「大久保利通」の3人となっていて坂本龍馬の名は無いのだが、どういうことでしょうか??。


麺家三士 信義ATT店

店の壁に描かれているこの墨彩画は、イラストレーターで墨絵アーティストの茂本ヒデキチの作だそうです。
私が座った場所から撮影したので、左半分しか写ってません。
いちばん左は坂本龍馬、右は西郷さんですね。
写ってない右半分には、木戸孝允と大久保利通が描かれています。


麺家三士 信義ATT店

全体的には、こういう絵なんです。なかなか…。


麺家三士 信義ATT店

店先には、きれいにサンプルも飾られています。

メニューは…
「鹿児島らーめん(鹿兒島三士拉麵)」160元
「黄金らーめん(黃金三士拉麵)」180元
「龍馬らーめん(龍馬三士拉麵)」190元
「黒ごまらーめん(K潮三士拉麵)」200元
「魚介ネギらーめん(櫻花魚介三士拉麵)」210元
「辛味らーめん(熱血三士拉麵)」220元
「華麗らーめん(華麗三士拉麵)」270元
「つけ麺・金(魚介豚骨沾麵)」240元
「つけ麺・赤(地獄激辣沾麵)」280元
…といった具合。


麺家三士 信義ATT店

基本の「鹿児島らーめん(鹿兒島三士拉麵)」にしました。
大ぶりのチャーシューが1枚と、ネギ、モヤシ、煮玉子、メンマ、キクラゲなどがトッピング。



麺家三士 信義ATT店

麺は中太のストレート麺。
台湾のこうしたラーメン店の麺はブヨブヨにヤワ麺が多いけど、弾力があり、私でもちょうど良いくらいの良い麺です。
スープはコッテリ感は薄くあっさり気味だけど、口当たりまろやかで飲みやすく、台湾の人たちの受けも良さそう。

サービス料を含めても値段は176元なので、基本の鹿児島らーめん単品でも500円程度です。安い!

この麺家三士で日本のラーメン店台湾進出の成功例を見た気がしました。
ただ、出店に相当お金がかかってそうですが…。

お店のデータ
【店名】麺家 三士(めんやさんじ)
【所在】台北市信義區松壽路12號(ATT4fun 5F) Yahoo地図
【電話】02-7737-5188
【営業】11:00〜21:00
【定休】無休
【座席】58席(カウンターテーブル12席、テーブル46席)
【喫煙】禁煙
【車いす】テーブル席で対応
【最寄り駅】MRT板南線市政府駅3番出口から南(台北101)方向に徒歩12分(約800m)。
【最寄りバス停】「市政府」または「世貿二館」バス停下車
【その他】別途サービス料10%必要


posted by かもねぎ at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

梅光軒 台北101店@台湾台北市

梅光軒 台北101店

世界で2番目の超高層ビル、台北101です。
大雨降る中、行ってきました。


梅光軒 台北101店

旭川ラーメンの代表格「梅光軒」。その梅光軒が10月16日、台北101に台湾1号店を開店させました。8月オープンの香港、シンガポールの2店と合わせ、この台北101店は梅光軒の海外4店舗目となるそうです。
今後も台湾で2号店を出店し、ベトナムや中国本土への出店計画もあるとか。


梅光軒 台北101店
梅光軒 台北101店

店は台北101地下1階のフードエリアにあり、カウンター席とテーブル席を配置。

店に入ると「いらっしゃいませ〜」の元気な掛け声があるのは、他の日本系ラーメン店と同じです。午前11時のオープンと同時に入ったので、この日は私がいちばん最初の客。カウンター席に座り、メニューを見ると、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンなどの基本3種のラーメンは190元。200元を切る値段だったら、ちょっとリーズナブルに感じてしまう(ただし10%のサービス料が別途かかる)。


梅光軒 台北101店

写真は「塩味拉麺(塩ラーメン)」(190元+サービス料)。
白濁した塩ラーメンのスープは、豚骨と鶏ガラを煮た動物系スープと、昆布と煮干しを煮た魚介系スープを合わせたダブルス―プ。
口当たりもイイし、よくできた味だと思う。


梅光軒 台北101店

麺は中細ちぢれ麺。スープによく絡みつく〜。
梅光軒のラーメン、本店の味は知らないので(奈良店でしか食べたことない)、この台北101店の味がどう違うか比較できないが、私は十分にOKです。
ただこの味、台湾の人にはしょっぱい(塩分多い)と感じるだろうな〜と思いますが、台湾人にも日本の味に慣れていってもらいましょう(^_^;)。
しかし、台湾で食べられるラーメンも、今ではこれだけいいものが出せるようになったんだなぁ〜と感慨深くなります。


梅光軒 台北101店

伝票が日本語のものでした。
会計時も「ありがとうございました〜」と若い店員さんがたどたどしい日本語であいさつします。これは地元の台湾人に対しても同じです。なぜ中国語で「歓迎光臨(いらっしゃいませ〜)」「謝謝光臨(ありがとうございました〜)」を使わないのかな?。日本の店に来ている雰囲気を味わってもらうために日本語での接客サービスをするんでしょうか。私が初めて台湾へ来た25年前から日本食レストランなどでそういう傾向にあったのですが、いまだよくわからん…。


お店のデータ
【店名】梅光軒 台北101店
【所在】台北市信義區市府路45號B1(台北101購物中心)   Yahoo地図
【電話】02-8101-8011
【営業】11:00〜21:00(LO) 金土は〜21:30(LO)
【定休】無休
【座席】カウンター席、テーブル席多数
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【最寄り駅】MRT板南線市政府駅2番出口から台北101目指して徒歩14分(約900m)。市政府駅から無料のシャトルバス運行あり。
【最寄りバス停】「世貿中心」または「101購物中心」バス停下車
【その他】10%のサービス料が別途必要



posted by かもねぎ at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

2012年11月21日

麺屋輝(麺や輝) 台北店@台湾台北市

麺屋輝 台北店

夜になって、麺屋輝(麺や輝)台北店へ来訪〜。
MRT新荘線の松江南京駅からも近いオフィス街にあり、周辺にはお洒落な若い人向きの飲食店も点在していて、お店の隣は台北でも有名なお好み焼き店「てつわん」がありました。

麺や輝は大阪市東淀川区に本店があり、2000年に創業。
化学調味料を一切使用せず、自家製麺の魚系とんこつラーメンを提供する店で、その系列店は大阪市内と吹田市内に5店舗あります。


麺屋輝 台北店
麺屋輝 台北店

麺屋輝 台北店
麺屋輝 台北店

この麺や輝台北店は8月にオープンしたばかりの新しいお店で、日本国内にある他の店舗よりもさらにオシャレな雰囲気をただよわせています。
一日一麺など、麺や輝独特のあの看板もこちらにありました。

午後8時半頃に行ったら満席で待ち客までいました。人気あるのですね〜。
近くの伊通公園で時間つぶして、客が出て行くのを見計らって行くと、まだ6席あるカウンターは満席でした。ちょうどグループ客が店を出る時で、奥のテーブル席(2人掛け)に空きが出て、そちらへ案内。


麺屋輝 台北店

カウンター席は6席だけで、あと2人用と4人用のテーブルが計9卓あって、全部で30席近くあるんかな。入ってびっくりなのが女性客の割合の高さ。半分は女性客で、女性同士で来ている割合も日本よりずっと高い。これは以前にも台北駅にあるらーめん花月嵐へ行った時にも感じたことでしたが、台湾の日本系ラーメン店は「おしゃれ」「高級」なイメージがあるようですね。


麺屋輝 台北店

お店の説明書き。
製麺機もちゃーんとありました。


麺屋輝 台北店

メニュー。
普通のラーメンは200元、チャーシューメン260元、つけ麺200元、汁なし担担麺180元。
サイドメニューも充実していて、天津チャーハンが人気商品らしい。

注文しようと女店員を呼ぼうと思ったら周りにいない…。そんな私の姿を見た厨房の男性がフロアに出てきて私に大阪ナイズの日本語で「何しましょ?」と。
「あ・・・ラーメンで・・・」。


麺屋輝 台北店

しばし待って、ラーメンが出てきましたよ〜。
大ぶりのチャーシュー、味玉、ネギとトッピングされたラーメンは見る限り、大阪の麺や輝のラーメンと一緒です。


麺屋輝 台北店

自家製の麺は大阪の店と同じ中太ストレート麺。
濃厚なスープが麺によく絡みます。

大阪の麺や輝と、まったく同じ味でした。
サービスや気配りは大阪以上かも。ごちそうさまでした。


お店のデータ
【店名】麺屋輝(麺や輝)台北店
【所在】台北市中山區松江路77巷14號  Google地図
【電話】02-2504-1800
【営業】11:30〜14:30、17:30〜21:30
【定休】旧正月以外は無休
【座席】カウンター6席、テーブル9卓
【喫煙】禁煙
【車いす】入口数段の段差あり
【駐車場】なし
【最寄り駅】MRT新荘線松江南京駅4番出口を出て松江路を南へ。4つ目の通り(松江路77巷)を左へ曲がり、約100mほど進んだ右手にあります(松江南京駅から徒歩5分、約350m)。
【最寄りバス停】「長安東路二段」または「長安松江路口」バス停下車、徒歩2〜3分
【その他】


posted by かもねぎ at 20:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外(台湾)

麺屋 縁@台湾台北市

麺屋 縁

MRT文湖線の大安駅から10分くらい歩いて麺屋縁へ訪問。
この店は、京都の高倉二条で働いていた人が出したお店。
高倉二条系の味が台湾で味わえるっつーことです。楽しみ!。


麺屋 縁

お昼すぎの来店で行列無しで入店〜。


麺屋 縁

京都の高倉二条と同様に、医食同源をコンセプトとしたラーメン店。


麺屋 縁

店に入ると、いらっしゃいませ〜ではなく中国語で「歓迎光臨(ファンインクァンリン〜)」でした。
店内はこんな感じ。清潔なお店です。
店内のところどころに造花や置物が飾られていて、落ち着いた雰囲気を出しています。


麺屋 縁

メニューを見ると、つけ麺とラーメンの2本立て。230元って値段は日本円にして650円くらいに相当し、日本のラーメンの値段とほぼ同価格。結構値段高い。
まわりの客を見ると、つけ麺を食べている客もいて、台湾でも日本のつけ麺が受け入れられているようで。
らーめん(湯麺)を注文。
店員さんから麺量を中国語で聞かれます。
麺量は100グラム、140グラム、210グラムからチョイスOKで、どれも値段は同じ。210グラムにしといた。


麺屋 縁

ラーメンです〜。
高倉二条系統のラーメン、あんまし食歴がないもので比較に困るけど、こういう味だったのかな〜というのが第一印象でしたが、とろみのあるスープは濃厚ってわけでもなく優しい味わい。
豚骨と魚介のスープは魚介の風味も強く、口の中にもパーっと広がります。
また、カウンター上には唐辛子、山椒、カツオ粉が置いてあり、それをちょっと加えるとまた違った風味に…。


麺屋 縁

麺は全粒粉の自家製麺を使用。
もちもちとした食感は日本の物と変わらないと思いますが、こういう麺って台湾での受けはどうなんだろうか…。
私がいた時間帯の客層は30歳台の男性数人、20歳台半ばのカップル1組って感じでした。
台湾には今まで無かった味のラーメンです。台湾に根づいてほしいですね〜。


お店のデータ
【店名】麺屋縁(めんやえにし)
【所在】台北市大安区敦化南路二段81巷45弄12號  Google地図
【電話】02-2708-9822
【営業】11:30〜14:30、17:30〜21:00
【定休】無休(日曜休みと書かれているサイトもあるが、どっち??)
【座席】カウンター12席
【喫煙】禁煙
【車いす】OK
【駐車場】なし
【最寄り駅】MRT文湖線大安駅を出て信義路を東へ歩き、敦化南路を渡って敦化南路を南へ、1つ目の交差点(信号)で敦化南路二段63巷に入って通りを東へ行き、次の信号を右に曲がって行けば右手に店があります。駅からの距離は約900m、約10分。
【最寄りバス停】「大安國中」バス停下車、徒歩3〜4分。
【その他】


posted by かもねぎ at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外(台湾)