兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県の記事を投稿する予定です。
●

2009年07月15日

月光仮面@大阪市中央区

月光仮面

大阪ミナミは千日前通り沿いにある月光仮面へ行ってきました。
以前は路地裏にあって、現在地へ来る前の店には行ったことありましたが、移転&店主交代後は今回、初来店です。
カウンターで6席だけの小さなお店なのは路地裏時代から同じ。
「ゆずしお」を注文〜。

月光仮面

見かけは裏通りにあった頃の月光仮面のラーメンと同じです。
コレと言って特筆すべきところはないけれど、あっさりとした塩ラーメンで、それにゆずこしょうを加えたものでした。
でも、ちょっとゆずこしょう効かせすぎかも。

月光仮面

若干縮れた麺を使用しています。



【おもなメニュー】
しお・・・・700円
しょうゆ・・・・700円
梅しお・・・・800円
ねぎみそ・・・・800円
ゆずしお・・・・700円
あさりしお・・・・800円
あさりしょうゆ・・・・800円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年07月04日

麺爺あぶら@大阪市中央区

麺爺

三宮で静かなブームを引き起こしていた麺爺元が大阪に進出。
店の場所はなんと、大阪道頓堀のど真ん中、グリコの大看板の斜め下です。


麺爺

店名は「麺爺(めんじい)あぶらn」。
三宮の店とは異なり、道頓堀店は油そばお専門店で、三宮店にあるようなラーメン、つけ麺は、この店にはありません。

麺爺

これが「油そば」。
私が行った時は、なんと半額での提供でした。
特盛りにし、味玉トッピングもプラス。
油そばは480円。大盛りは+100円、特盛りは+200円で、味玉+100円。780円のところ半額で390円だったんです〜。ちなみに行った時はビールも半額でした。むっちゃお得。

麺爺

ざくっとかき混ぜて、いただきま〜す。


ところでこの店の場所、グリコの看板の斜め下ってことからも地図上では道頓堀のど真ん中なんですが、人通りの多い戎橋筋からは、橋の階段を下りて川縁に行かなければならないのです。
すなわち店はビルの地下にあって、川縁の通路に店の出入口があるんですが、この川縁の通路を通る人がほんとうに少ない。御堂筋側に続く通路(階段)が出来れば人通りも多くなるんだろうと思うけど、それはまだしばらく先になりそうですし・・・・。

そんなワケで店員さんは戎橋の上で呼び込みです。そのかいあって私が行った時間帯には2組3名の客が来ています。しかし、店員さんが戎橋上で「半額です〜」っていう呼び込みをした結果来た客ばかりで、もし呼び込みをせず、半額じゃあなかったらどうなってただろう??
とにかくしばらくは周知キャンペーンが必要であり、お店の人は一生懸命です。
がんばってください。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

心斎橋ラーメン@大阪市中央区

残念ながら閉店しました(現在は味の時計台)

心斎橋ラーメン道頓堀から千日前まで戎橋筋をボラボラしてたらば、いつの間にかこんな店が出来ていました。
赤くでっかい看板は、なかなかインパクトあります。
店の名前は「心斎橋ラーメン」。
ここは戎橋筋であり、心斎橋(筋)ではないんだが・・・・。
(写真クリックで拡大します。)

心斎橋ラーメンここは以前、札幌ラーメンのチェーン店「味の時計台」があったところです。
店内は味の時計台の時とまったく同じで、壁に沿う形で配置されたカウンター席。白を基調にしているので、とても明るく清潔です。
(写真クリックで拡大します。)

心斎橋ラーメン「プロデュースたかじん」と、暖簾に書かれてる。
左には小さく「味の時計台」とも書かれているので、味の時計台と関係する店だと理解できます。
あとで聞いたら味の時計台 難波戎橋通り店が心斎橋ラーメンとして7月1日にリニューアルしたばかりとのこと。
(写真クリックで拡大します。)

心斎橋ラーメン細川たかしから開店祝いも寄せられています!。
そういえば味の時計台の扱う商品で細川たかしが登場しているのがあったなぁ。その関係もあるかな。
その奥には、橋下大阪府知事と平松大阪市長のマスコットが仲良く並んでいます(^_^;)。
(写真クリックで拡大します。)

心斎橋ラーメンメニューはこんな感じ。
醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、中華ソバの4種類。
醤油ラーメンで630円だから、まぁミナミの中心街の店と考えると、高くはない値段設定ですね。
(写真クリックで拡大します。)

心斎橋ラーメン

醤油ラーメンを注文。
ちょっと色の濃いスープは、味の時計台の「正油ラーメン」と同じような・・・。
味の時計台は、チェーン店だけどわりと感じは良いと思うんです。人によっては酷評されることあるが、私は嫌いではないし・・・。

心斎橋ラーメン

麺はコシのある多加水縮れ麺。スープに良く絡みついてます。
これも味の時計台のと同じ感じ。

たかじんプロデュースってことで大きく変わったのかと思ったけど、醤油ラーメンだけを見た限りでは、トッピングなど、ちょっと変えてる程度みたいですね〜。
味噌など、他のメニューも試してから最終的にまた改めて評価したいと思います。


【おもなメニュー】
味噌ラーメン・・・・690円
醤油ラーメン・・・・630円
塩ラーメン・・・・630円
中華ソバ・・・・630円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2008年07月10日

満洲屋が一番 難波店@大阪市中央区

残念ながら閉店しました


元同僚と難波で落ち合い、カラオケへ行くことに。
その前に、ラーメン食べようとブラブラ〜っと。
どこにしよかと悩んだ末に、カラオケ店にいちばん近かった「満洲屋が一番」へ・・・。

満洲屋が一番 難波店

注文品は「極みとんこつしぼり」750円。
けっこうエエ値段します。

2008年02月17日

らーめん牡丹@大阪市中央区

らーめん牡丹

らーめん牡丹

お店の営業データ・地図を参照

2006年12月21日

九州らーめん山香@大阪市中央区

九州らーめん山香

九州らーめん山香




2006年06月05日

どうとんぼり神座 千日前店@大阪市中央区

ずっと以前に食べたラーメンを再確認するシリーズ〜!
今回は大阪ミナミの有名店「神座(かむくら)」です。

神座の創業店である道頓堀店には91年〜93年頃までに3〜4回行ったことがありました。私が神座のラーメンを最後に食ったのは98年の奈良・香芝店。それ以来、神座のラーメンは食っていません。
今回は初めての千日前店に来店。
写真は「おいしいラーメン」
黄金色のスープに少しウェーブがかったコシのある多加水麺。
たっぷりの白菜。これにたっぷりとニラを入れて食った。

友人で、神座を絶賛していた奴がいた。人によって批評の差が激しいけど、これは好みによるところが多いですね。私は神座の味を絶賛するとまではいかないけど、これだったらそこそこイケるではないか〜。
値段は630円だが、午前10時〜午後10時のサービスタイムだと100円引きの530円になります。これで530円だったら安いと思う!
店が空いてたら立ち寄ってもエエな〜と。
神座 千日前店

神座 千日前店

2005年07月07日

和民 なんば店@大阪市中央区

和民 なんば店

和民で飲みに行った時に注文した冷麺。


2005年05月20日

おちゃらん屋 なんばウォーク店@大阪市中央区

なんばウォークのおちゃらん屋の前を通ると、担々麺というメニューがあったので入ってみる。大阪駅前の店では、そんなのなかったような。1杯780円。

おちゃらん屋なんばウォーク店

黄金のゴマの風味が効いて若干ピリ辛仕上げ。だけど天塩らーめんや、お紫らーめんなど他のラーメン類が600円でお得感があるのに対し、こちらの780円は、少し割高感がありますねぇ〜。


店名:おちゃらん屋なんばウォーク店
所在地:大阪市中央区難波2丁目 なんばウォーク北1番街
電話:06-6214-9056
営業時間:11:00〜22:00
定休日:第三水曜日
座席数:
喫煙:
最寄り駅:地下鉄なんば、近鉄難波駅から徒歩2〜3分
駐車場:
その他:

2005年05月11日

宗家一条流がんこラーメン十八代目@大阪市中央区

仕事の帰りに、なんばに来ていたので立ち寄りました。

行列出来てるかなーと思って行くと、店の前に行列が・・・・、しかも10人以上・・・・。うあ〜、こんな人気店になってるんや〜と、行列に近づいてみたら、その列は隣のたこ焼き屋のんでした(^_^;)。

がんこ店内は、うなぎの寝床みたいに奥にあり、席数はカウンターのみで7席。先客3名のみ。
がんこ独特の骨と『塩ラーメン』という文字が出ているけど、店名がどこにも出ていないのでわかりにくい。正式な名は『宗家一条流がんこラーメン十八代目』と言うんだそうですね。

塩と醤油があり、塩を注文〜。「海老油とネギ油とありますが・・・」と聞かれ、思わずネギ油にする。(オススメは海老油らしいが)
店主によると、スープのしょっぱさも希望により変えられるらしいけどフツーにしてもらう。(標準は30、しょっぱめ50、弱め10とのこと)フムフム。福井で食べたがんこ系の店のものと比べてスープの塩気は控え目で食べやすい味。
宗家一条流がんこラーメン十八代目



食べ終わった時に「どうですか?」と聞かれ、あれこれ言うのもアレなのでストレートに「美味しかったですよー」と答える。
そして、なぜかもう一杯食べようという気になり、ひさびさの2杯目の注文。「しょうゆ」で。背脂をたっぷりと入れてもらってちょっとコッテリ目で。
チャーシューは脂身の多い角煮的な大きさの柔らかいチャーシュー。2杯目でコレだと少々キツかったかも。
宗家一条流がんこラーメン十八代目


いろいろとお話をしていると、昨日は関西ウォーカーと関西一週間の取材が入ったとか、オール巨人が食べに来たとか。
我々の会話に、隣に座ってた客が口を挟んできて、その客曰く、オール巨人はラヲタらしい。
さてさて2杯食べて写真まで撮る私は相当ラヲタ度が高いと思われたか、お店を手伝ってらっしゃる店主の若きお母様(245指数高め)が、お店の表まで出て帰りを見送ってくださったのでした。
しかし、店主のお母様、若いぞ!最初、夫婦なのかと思ったけど親子と聞いてびっくりなのでした。
写真上…しお(700円)、写真下…しょうゆ(700円)
店内禁煙、前金制。