兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、福島県、茨城県、和歌山県、鳥取県、島根県の記事を投稿する予定です。
●

2011年01月19日

つけ麺きゅうじ@大阪市中央区

つけ麺きゅうじ



つけ麺きゅうじ

「薬膳スープつけ麺」


つけ麺きゅうじ



つけ麺きゅうじ







2010年08月26日

つけ麺きゅうじ(球児)@大阪市中央区

つけ麺 球児

久しぶりのつけ麺きゅうじ。今回は昼過ぎに行ったため自分以外の客はゼロ。


つけ麺 球児

きゅうじと言えばつけ麺だけど、前に気になっていたラーメンメニュー。
今回は「白らーめん」を注文。


つけ麺 球児

白らーめんは魚介豚骨のスープ。
チャーシューは表面がこんがりと焼かれて香ばしく、脂ものっていてGOOD。
凝った器を使っているが、でもラーメンは特にこれといってインパクトのある、特徴のあるラーメンってわけでは無いな〜。


つけ麺 球児

麺はしっかりとしたコシのある極細ストレート麺。
ラーメンは美味しかったけど、きゅうじではラーメンよりもビギナーな方(初来店)には、つけ麺のほうをおススメいたします。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年06月10日

作ノ作 千日前店@大阪市中央区

作ノ作 千日前店

2009年12月にオープンした作ノ作千日前店。
作ノ作は10年くらい前、当時あった関西いとしのラーメンっていうラーメン好きが集まるサイトで話題になったお店の一つでした(他にも京都の杉千代とかもこのサイト発でブレイクした)。それで私も宗右衛門町の路地にあった作ノ作へ何度か通ったものでした。


作ノ作 千日前店

その作ノ作が宗右衛門町にあったお店を閉店させ、この千日前にでっかい新店舗をオープン。いったん閉店させた宗右衛門町の店は、半年後にまた再開して現在も営業中ですが、そちらは夕方からの営業。お昼も通しで営業している千日前店は有難い〜。
時間が昼過ぎってこともあって店内にお客さんはいません。まず入店前に食券券売機で食券を購入し、カウンター席へ。
メニューは「醤油」「塩」「味噌」ラーメンを基本に、サイドメニューも若干用意。


作ノ作 千日前店

普通に醤油ラーメンを注文しました。

スープは豚骨醤油ベースで、塩味は強いがゴテッとした感じは無くすっきり目。
チャーシューは普段なら鹿児島県産黒豚を使用した物だったんですが、私が行った時はSPFもち豚を使用したチャーシューでした。十分に旨みはありましたよ。


作ノ作 千日前店

麺は中細ストレート麺で、歯ごたえもあって上質な麺です。
この麺を薄切りチャーシューにくるんで一緒に食べると美味しいんですよ。

ああ〜、久しぶりに宗右衛門町の店に行きたくなった…。


【おもなメニュー】
醤油ラーメン・・・・700円
塩ラーメン・・・・700円
味噌ラーメン・・・・750円

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2010年02月05日

でびっと 道頓堀グリコビル店@大阪市中央区

残念ながら閉店しました

でびっと 道頓堀店

大阪ミナミは道頓堀にある「でびっと」です。
タレントのデビット伊東が手がけるラーメン店で、この道頓堀の店は関西初出店。
あのグリコの大看板のあるビルの地下にあり、場所わかりやすい!
道頓堀の遊歩道側入口から店に入り、階段を下りていけば、落ち着いた雰囲気の真新しい

メニューは豚骨醤油らーめん、塩らーめん、醤油らーめん、つけ麺と揃う。
とりあえずメニュー最初に書かれていた「豚骨醤油らーめん」を。

でびっと 道頓堀店

上の写真が「豚骨醤油らーめん」
スープはじっくりと煮込まれた豚骨スープ。
なかなかクリーミーな味わい。

でびっと 道頓堀店

麺は九州博多から空輸されてくるストレート麺を使用しているそうな。
ラーメン店を開くにあたってデビット伊東氏が修行した博多一風堂と変わらない味わいだし、悪くはありません。

しかし700円って価格は、博多一風堂でもそうだけど、ちょっと高いかな〜。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年11月16日

花丸軒 難波・法善寺店@大阪市中央区

花丸軒 難波・法善寺店

法善寺横丁入口にある、しあわせラーメンでお馴染みの花丸軒です。
系列店である城東区の豚吉や、各所にある白馬童子へは何度か訪れたことはあったけど、この花丸軒は初めてです。

メニューは、とんこつしょうゆ味の「しあわせラーメン」、野菜たっぷり「しあわせチャンポン麺」、チャーシューたっぷり「しあわせいっぱいラーメン」、コラーゲンたっぷりの「トロコツ1本のせラーメン」、こだわりの「しおラーメン」、シンプルな「シンプルラーメン」・・・といったラインナップ。

花丸軒 難波・法善寺店

基本の「しあわせラーメン」を注文〜。


花丸軒 難波・法善寺店

豚骨・鶏ガラ・野菜などを煮込んだ醤油味のスープは、わりとよく出来ています。
大阪府下各地にある白馬童子とメニューも味も、そっくりって感じです(若干違うとこあるが・・・)。
各店舗でスープを仕込んでることもあって、店毎にスープなどの味にブレがあるのは確かなのですが、この花丸軒の味は「マル」でした。
しあわせラーメン食べて、しあわせにね!

【おもなメニュー】
しあわせラーメン・・・・700円
しあわせチャンポン麺・・・・850円
しあわせいっぱいラーメン・・・・900円
トロコツ1本のせラーメン・・・・900円
しおラーメン・・・・600円
シンプルラーメン・・・・550円



お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年09月29日

つけ麺きゅうじ(球児)@大阪市中央区

つけ麺 球児

難波の新歌舞伎座跡の北側にある、つけ麺きゅうじです。
お昼時に行くと、狭い店内はほぼ満席です。
鶏ガラベースの「元祖じゅうじ」、こってりとした「こってり新元祖きゅうじ」、コチュジャン風味のピリ辛味の「赤きゅうじ」、オリジナル味噌を使用した「みそきゅうじ」、自家製ニラソースを使用した「薬膳スープつけ麺」、「四川風担々つけ麺」、カツオの効いた「きゅうじのざる麺」といったつけ麺メニューが並びます。
あと、コチュジャンの効いた「銀治郎ラーメン」もあり。

今回は初めてなので「元祖きゅうじ」を注文〜。
値段は、つけ麺としてはリーズナブルな650円です。
しかも驚く無かれ!。麺の量が特(2.5玉で主さ340グラム)まで同額なのです。それを超える分は有料だけど、それでも4玉(540グラム)はプラス100円、6玉(810グラム)だとわずか200円プラスで良いのです。

つけ麺 球児

私は、大(2玉・270グラム)で注文しました。
これくらいの量がちょうどイイ!

つけ麺 球児

麺は小麦の香り漂う全粒粉麺です。もちもちしててエエ感じ〜。
この麺、なんと1玉50円で持ち帰り販売をやってます。

つけ麺 球児

阪神タイガースの選手・OBを連れてきたら飲食代無料〜!
あと、誕生日に来たら麺が食べ放題になるサービスもやってます。
私はタイガースの選手は連れて来れないけど、また食べに行くで〜。

【おもなメニュー】
元祖きゅうじ・・・・650円
赤きゅうじ・・・・650円
みそきゅうじ・・・・650円
こってり新元祖きゅうじ・・・・650円
薬膳スープつけ麺・・・・750円
四川風担々つけ麺・・・・750円
きゅうじのざる麺・・・・550円
金次郎ラーメン・・・・700円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年09月23日

古潭老麺 なんばウォーク2番街店@大阪市中央区

らーめん古潭 なんばウォーク2番街店

なんばウォークに2つある古潭のうちの一つです。こちらの店は地下鉄なんば駅を降りてすぐのところ、なんばウォーク2番街南通りにあります。ついフラフラ〜っと店に入ってしまった。古潭のラーメンを時々は食べたくなってしまう自分がココにいるのです〜(^_^;)。

らーめん古潭 なんばウォーク2番街店

今回は塩ラーメンを注文。
味わい深い塩味のスープに、チャーシュー、ネギ、もやし、ゆで卵スライス、ニンジン、高菜など賑やかトッピング。
いやぁ〜、旨い!

【おもなメニュー】
古潭らーめん・・・・580円
ギョーザらーめん・・・・670円
チャーシューらーめん・・・・730円
わかめらーめん・・・・630円
ワンタンメン・・・・700円
クン玉らーめん・・・・660円
たこ焼きらーめん・・・・780円

それぞれ味噌味は20円増し


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年08月11日

麺屋7.5Hz+ 道頓堀店@大阪市中央区

残念ながら閉店しました

麺屋7.5Hz 道頓堀店

道頓堀にある、麺屋7.5Hz+ 道頓堀店へ行ってきました。ここは生野区に本店のある麺屋7.5Hzの6つ目の店で、昨年7月オープン。
麺屋7.5Hz+と言うように、他の店舗と違って店名に「+(プラス)」を付けているのは、他の店舗とはちょっとメニューや値段が違っているから区別させるためなんでしょうか?
店はビルの地下1階にあり、店からは整備されつつある道頓堀川の遊歩道に面しています。今現在、道頓堀川遊歩道側からは出入り不可ですが、もしかしたら将来、道頓堀川沿いからも出入り出来るようになるのかも?。
まずは店内に入り、食券券売機で食券を購入〜。
麺屋7.5Hzといえば、極太麺の濃い醤油味の、いわゆる高井田系と呼ばれる中華そばを提供しているのですが、今回は「塩そば」を注文〜。


麺屋7.5Hz 道頓堀店

透明度の高い、すっきりとした塩ベースのラーメン。
麺は醤油味のラーメンと違って、中細ストレート麺を使っています。


麺屋7.5Hz 道頓堀店

この塩そばも、なかなかの味わい。
麺もスープもエエ感じ〜。


【おもなメニュー】
中華そば・塩そば(1玉)・・・・600円
中華そば・塩そば(1玉半)・・・・700円
中華そば・塩そば(2玉)・・・・800円
つけそば(1玉)・・・・750円
つけそば(1玉半)・・・・900円
つけそば(2玉)・・・・1000円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年07月15日

月光仮面@大阪市中央区

月光仮面

大阪ミナミは千日前通り沿いにある月光仮面へ行ってきました。
以前は路地裏にあって、現在地へ来る前の店には行ったことありましたが、移転&店主交代後は今回、初来店です。
カウンターで6席だけの小さなお店なのは路地裏時代から同じ。
「ゆずしお」を注文〜。

月光仮面

見かけは裏通りにあった頃の月光仮面のラーメンと同じです。
コレと言って特筆すべきところはないけれど、あっさりとした塩ラーメンで、それにゆずこしょうを加えたものでした。
でも、ちょっとゆずこしょう効かせすぎかも。

月光仮面

若干縮れた麺を使用しています。



【おもなメニュー】
しお・・・・700円
しょうゆ・・・・700円
梅しお・・・・800円
ねぎみそ・・・・800円
ゆずしお・・・・700円
あさりしお・・・・800円
あさりしょうゆ・・・・800円


お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント

2009年07月04日

麺爺あぶら@大阪市中央区

麺爺

三宮で静かなブームを引き起こしていた麺爺元が大阪に進出。
店の場所はなんと、大阪道頓堀のど真ん中、グリコの大看板の斜め下です。


麺爺

店名は「麺爺(めんじい)あぶらn」。
三宮の店とは異なり、道頓堀店は油そばお専門店で、三宮店にあるようなラーメン、つけ麺は、この店にはありません。

麺爺

これが「油そば」。
私が行った時は、なんと半額での提供でした。
特盛りにし、味玉トッピングもプラス。
油そばは480円。大盛りは+100円、特盛りは+200円で、味玉+100円。780円のところ半額で390円だったんです〜。ちなみに行った時はビールも半額でした。むっちゃお得。

麺爺

ざくっとかき混ぜて、いただきま〜す。


ところでこの店の場所、グリコの看板の斜め下ってことからも地図上では道頓堀のど真ん中なんですが、人通りの多い戎橋筋からは、橋の階段を下りて川縁に行かなければならないのです。
すなわち店はビルの地下にあって、川縁の通路に店の出入口があるんですが、この川縁の通路を通る人がほんとうに少ない。御堂筋側に続く通路(階段)が出来れば人通りも多くなるんだろうと思うけど、それはまだしばらく先になりそうですし・・・・。

そんなワケで店員さんは戎橋の上で呼び込みです。そのかいあって私が行った時間帯には2組3名の客が来ています。しかし、店員さんが戎橋上で「半額です〜」っていう呼び込みをした結果来た客ばかりで、もし呼び込みをせず、半額じゃあなかったらどうなってただろう??
とにかくしばらくは周知キャンペーンが必要であり、お店の人は一生懸命です。
がんばってください。

お店の営業データ・地図を参照&この記事へのコメント