兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、宮崎、鹿児島、熊本、奈良、和歌山の記事を投稿する予定です。
●

2012年08月13日

天文館むじゃき@鹿児島市

天文館むじゃき

鹿児島の天文館むじゃきへ。この店に来たのは6年ぶりです。
以前来た時と店の雰囲気が変わってた。
あれからちょっとリニューアルしたみたいですね。


天文館むじゃき

でも、表のシロクマは、そのまんま前と同じ。


天文館むじゃき

さて、今回は白熊を食べるのと同時に、食事で来ました。
天文館むじゃきでは、白熊以外に中華メニューも若干やっているのです。

店は表から待ち客があり店内は満席。
でも店に入ったら、中華メニューを食べてる人がほとんどいない(・・;)。
訪れた時間帯が中途半端で夕方ってせいもあるんけど。

でも、私たちはそれでも躊躇なく「ちゃんぽん」を注文。

ちなみにこの店、ラーメンの類は、酸辣湯麺 (サンラータンメン) 750円、特製ちゃんぽん麺700円、醤油ラーメン650円、味噌ラーメン 700円、とんこつラーメン700円…などなど麺類もわりとあるのです。


天文館むじゃき

「ちゃんぽん」です。値段は700円。

具は、キャベツ、もやし、豚肉、カマボコ、玉ねぎ、ニンジン、きくらげ、エビ、ヤングコーン…などなど野菜もたっぷり。
長崎ちゃんぽんとはまた違う味わいの、あっさりとしたスープで、これといった特徴があるわけでもない、ただ我々の腹を満たしてくれるだけの存在の、ごくごくフツーのちゃんぽん。


天文館むじゃき

麺はちゃんぽんの王道、ストレートな太麺。


天文館むじゃき

ちゃんぽんを食べ終えたあと、白熊の登場〜。
この店では、やっぱり白熊を外せません。

中華を食べたあとに食べられるよう、ベビーサイズも用意されているのですが、私たちはスタンダードサイズでいきました。


天文館むじゃき

こちらはスタンダードな「白熊」。
見た目もかわいい〜。


天文館むじゃき

こっちは「コーヒー白熊」。
コーヒーシロップとミルクがかかっていい雰囲気。

この白熊の食感を形容すると「ふんわりとしている」ってのが特徴ですが、このきめの細かいかき氷は、家では作れませんからね。
久しぶりの白熊を鹿児島で堪能できて満足満足。

posted by かもねぎ at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65438456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック