兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、香川県、和歌山県、滋賀県の記事を投稿する予定です。
●

2009年09月05日

麺劇場 玄瑛@福岡市中央区

麺劇場 玄瑛

福岡市の薬院というところに、ちょっと変わったラーメン店があるというので、住所を頼りに行ってみたものの、店らしい店が無く見つからなかった。ふと、とたん壁の建物の入口を見ると「玄瑛」の文字。ん〜?これ?? ほんと、建物からして変わっていました。

入ろうかどうしようか迷っていた時に、ちょうど若い女性数名が店から出てきたので、戸の隙間から店内を見てみると細い通路のような物しか見えず、さらに奥がある様子。思い切って入ってみました。

写真はちょっと撮るのを遠慮したんで写真は無いのですが、厨房が舞台に見たてられ、テーブル席が階段状になっていて、それはまるで劇場の観客席のような造りになっているのです。麺劇場ってのはなるほど、こういうことだったのですね。

最前列の席に案内されて座ります。
お客はすでに何組も来ていてわりと席は埋まっていました。

メニューは、とんこつベースとなる「玄瑛流拉麺」「ヒルトン」「海老薫玄瑛流拉麺」、しょうゆベースとなる「潮薫玄瑛流拉麺」「さくら」「海老薫醤油拉麺」といったラインナップ。
とんこつの「玄瑛流拉麺」は無化調のスープで、潮薫玄瑛流拉麺はトビウオのアゴ出汁と羅臼昆布の出汁をベースにした醤油ラーメン。
ほか、「ヒルトン」に「さくら」とはどういうラーメンだろ?
メニューの説明書きによると、玄瑛流拉麺に、たまねぎ油を加えたラーメンだそうで、「さくら」は、チャーシューのかわりに桜海老を載せ、スープと載せ物ともに魚介のみを使い、肉類をいっさい使わないラーメンとのこと。


麺劇場 玄瑛

「さくら」も気になるメニューだけど、今回はココに来たのが初めてなので、とんこつの「玄瑛流拉麺」にしました。
天然素材だけで作られたラーメンってことですが、写真では泡だったスープでゴテゴテしてるかなと思ったけど、あっさり風味で食べやすい味。


麺劇場 玄瑛

麺は自家製で加水率の高い中細ストレート麺。
モチモチっとした感じの麺で、わりと旨い。

この他のメニューも気になるところです。

ところでこのお店、テーブルの形状から真後ろに座ってる客の視線を感じちゃうんですよね。私が食べているところをずーっと見られているような感じがして、ちょっと居心地が悪かったが・・・(^_^;)。


【おもなメニュー】
玄瑛流拉麺・・・・650円
ヒルトン・・・・750円
海老薫玄瑛流拉麺・・・・950円
潮薫醤油拉麺・・・・800円
さくら・・・・900円
海老薫醤油拉麺・・・・950円


お店のデータ
【店名】麺劇場 玄瑛(めんげきじょう げんえい)
【所在】福岡市中央区薬院2丁目16-3  Yahoo地図
【電話】092-732-6100
【営業】11:30〜14:30、18:00〜翌0:30 日祝11:30〜17:00、18:00〜22:00
【定休】無休
【座席】16席
【喫煙】禁煙
【車いす】困難
【ファミリー】★★★☆☆ 3.0
【カップル】★★★★ 4.0
【グループ】★★★☆☆ 3.0
【最寄り駅】地下鉄七隈線薬院大通駅(出入口1)から北へ徒歩5分
【最寄りバス停】西鉄バス薬院二丁目
【アクセス】
【駐車場】なし
【HP】http://www.men-gekijyo.info/



posted by かもねぎ at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34978804

この記事へのトラックバック