兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、奈良県、京都府、滋賀県の記事を投稿する予定です。
●

2020年04月10日

上海楼@長野県飯田市

上海楼

こちらの上海楼、先に行った新京亭とともに飯田で人気を二分する老舗です。
新京亭の創業者は元々ココ、上海楼の出身だとか。
ということで新京亭よりも歴史のある昭和22年(1947年)創業の超老舗なわけです。
メニューは「中華そば」(720円)、「チャーシューメン」(900円)、「ワンタンメン」(800円)、「玉子入り中華そば」(770円)、「チャーシューワンタンメン」(1000円)、「五目そば」(850円)、「タンメン」(850円)、「みそラーメン」(850円)など(価格はいずれも「並」の金額です)。


上海楼

「中華そば(並)」(720円)です〜。


上海楼

新京亭とはまた違った味わいの醤油味のスープ。


上海楼

麺はちょっとヤワ目のストレート中太麺。
並の注文ですが、並でも麺の量がなかなか多めに入ってます。
「半」での注文もできるんで、あまり食べられない方は半でどぞ。

posted by かもねぎ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190019334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック