兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、大分県、奈良県の記事を投稿する予定です。
●

2019年03月01日

サバ6製麺所 海老江店@大阪市福島区

サバ6製麺所海老江店

野田阪神イオンで買物し、このあとどっかで食事しようと思った時にサバ6海老江店があったこと思い出し、イオンから歩いて行ってみた。


サバ6製麺所海老江店

「サバ醤油そば}(700円)。


サバ6製麺所海老江店



サバ6製麺所海老江店




posted by かもねぎ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-福島区・此花区

2019年03月03日

どろそば将 十三店@大阪市淀川区

どろそば将 十三店

大阪市西区阿波座などに店がある「どろそば将」が昨年8月、十三東駅前商店街に出店。
以前はココ、「麺のようじ海」があった場所ですね。


どろそば将 十三店

メニューはこんな具合です。


どろそば将 十三店

手堅く基本の「どろそば」(780円)。


どろそば将 十三店


どろそば将 十三店



2019年03月04日

W2@大阪市福島区

W2

国道2号の浄正橋交差点の西、JR東西線新福島駅2番出口を出てすぐの場所にある「W2(ダブルツー)」へ来店〜。
店内はラーメン店らしかぬアメリカンカフェのような趣です。
メニューは「クサくない豚骨ラーメン」(740円)、「味玉ラーメン」(840円)、「クサい豚骨ラーメン(数量限定)」(800円)、「NIKUラーメン」(990円)、「特ネギラーメン」(890円)、
「素ラーメン」(690円)、「焼きラーメン」(840円)、「Hotラーメン」(900円)、「vegeラーメン」(940円)といった豊富なラインナップ。


W2

注文後、サービスのキムチをつまみながらラーメン出てくるの待ちます〜。


W2

注文品の「味玉ラーメン」(840円)。
「クサくない豚骨ラーメン」(740円)に味玉がプラスされたもの。
サラダなどを入れるようなガラスボウルで出された。なかなか凝ってますよね〜。冷麵や冷やし中華ならともかく、熱いラーメンをガラスボウルに入れて出すという、この発想は無かったわ…。


W2

あっさりとした豚骨スープ。


W2

ごちそうさんでした。
数量限定の、クサい豚骨ラーメン、気になります。

posted by かもねぎ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-福島区・此花区

豚骨まぜそばKOZOU+@大阪市福島区

豚骨まぜそばKOZOU+

大阪市福島区の人気ラーメン店・らーめん小僧がやってるまぜそば専門店「豚骨まぜそばKOZOU+」へ、今になって初来店〜。


豚骨まぜそばKOZOU+

店名の通り、まぜそば専門店で、これが目玉商品。


豚骨まぜそばKOZOU+

「PLUSまぜそば(並)」(790円)。


豚骨まぜそばKOZOU+

コレは旨い(^^♪。

posted by かもねぎ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-福島区・此花区

2019年03月05日

徳島ラーメン東大 十三店@大阪市淀川区

徳島ラーメン東大十三店

十三にある、徳島ラーメン東大へ今回初来店。
券売機で食券を購入してカウンター席に〜。


徳島ラーメン東大十三店

東大と言えば、生卵の無料サービスが売りです。


徳島ラーメン東大十三店

「徳島ラーメン(並盛)」(540円)。
なんと、いまだ600円を切る値段でやってるという…。


徳島ラーメン東大十三店

しかも、生卵無料ですよ。
1個だけ入れました。
実は生卵はあんまり好きじゃないので(^^;


徳島ラーメン東大十三店

生卵をスープに混ぜると、甘辛い醤油味のスープが、まろやか〜になるんです。


徳島ラーメン東大十三店

ごちそうさんでした。

2019年03月11日

馬鹿坊@大阪市北区

馬鹿坊

大阪市北区浮田にある馬鹿坊(バカボン)へ初来店!。
実はこれまでに何度か行こうとしていたが、臨休だったりで振られてばかりだった店で、地下鉄中崎町駅近くにあった「バカヤロー龍麺房」と同じ系列店。
「塩鶏そば」(800円)、「醤油鶏そば」(800円)、「清湯正油そば」(800円)、「ドロ坦々まぜそば」(1000円)といった感じのメニュー構成。


馬鹿坊

「塩鶏そば」(800円)。



馬鹿坊



馬鹿坊



2019年03月28日

麺屋あまのじゃく 京田辺店@京都府京田辺市

麺屋あまのじゃく京田辺店

近鉄京都線新田辺駅近くにある「麺屋あまのじゃく京田辺店」へ初来店。
こちらのお店は奈良市富雄にある麺屋あまのじゃくの支店と言うより、フランチャイズ店になるんかな?。
メニューは、「あっさり塩」「とんこつ塩」「とんこつ醤油」(以上、各780円)、「とんこつ味噌」(880円)など。


麺屋あまのじゃく京田辺店

「とんこつ塩」(780円)。


麺屋あまのじゃく京田辺店

餃子も注文。
ちょっと小ぶりながらも値段が210円というのはなかなかのリーズナブルさ。


麺屋あまのじゃく京田辺店

口当たりの良いスープです。


麺屋あまのじゃく京田辺店



posted by かもねぎ at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府-南部

篠田屋@京都市東山区

篠田屋

篠田屋は、三条京阪から東へ少し行ったところにある昔ながらの食堂です。
前回この店に来たのは私が20代の頃だったはずなんで、今回の訪問は四半世紀ぶりくらいになるかと。


篠田屋

店内も昭和感バッチリ。
この篠田屋の創業は1904年(明治37年)だそうです。
京都には創業300年や400年の老舗はいくらでもあり、創業100年程度では老舗のうちに入らないけど、食堂など街の飲食店となると創業100年超えはなかなかないので、京都でも「老舗の食堂」って言っても許されるのでは…と思います。


篠田屋

メニューはこんな感じになってます。
中央に書かれてある「皿盛(さらもり)」が篠田屋の名物になっていて、25年程前に来た時には私はソレ注文して食べました。
ちなみに皿盛とは、皿に入ったご飯の上にカツがのって、その上に和風カレー風味のあんかけをダラーっとかけた篠田屋のオリジナルメニュー。
ワタシの手元にはその皿盛の写真が無いので、気になる方は「篠田屋 皿盛」でググって画像をみてくだされ。


篠田屋

「中華そば」(500円)に初挑戦。


篠田屋

イイ味してます。


篠田屋

じんわり来る老舗の味わいです。
久しぶりに皿盛を食べたい〜!。

posted by かもねぎ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

麺処むらじ 祇園本店@京都市東山区

祇園麺処むらじ

こちらは京都の祇園の街を南北に行く切り通し。
祇園ということで、国内外の観光客で大いに賑わっています。


祇園麺処むらじ

祇園の巽橋の南にあるのが、こちらの「麺処むらじ」です。
今回は2015年のオープン前後に一度行って以来、ご無沙汰の来店。
今ではすっかり有名店になってピーク時には行列も激しい店に。
近年のインバウンド需要で外国人客も目立ちます。


祇園麺処むらじ

この通り、店内は雰囲気の良い造りになっていて、外国人客にも好評〜。
今回は午後5時前という閑散時間帯だったので行列も無く入店できましたが、私が入ったあとは続々と客がきて満席に。上の写真はワタシが入店した直後で、外国人客が2組4名いただけでまだ空席がありました。


祇園麺処むらじ

メニューは「鶏白ラーメン」(896円)、「鶏黒ラーメン」(896円)、「むらじのつけ麺」(918円)、「檸檬ラーメン」(950円)など。
人気ナンバーワンは写真の「鶏白ラーメン」だそうです。


祇園麺処むらじ

「鶏白ラーメン」(896円)。


祇園麺処むらじ

あっさり鶏白湯。


祇園麺処むらじ

ストレート麺の、まぁこんなもんかいな。

食べ終えてお会計するのに席を立つと、店内に待ちの列が階段下までずらり。
その8割くらいは外国人であった。
混雑しているのにカウンター席はClosedで案内せず、2階の大テーブル席(計16席)のみ開放していました。
なぜ?


posted by かもねぎ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

2019年03月29日

ちりめん家@香川県小豆郡土庄町

ちりめん家

十何年ぶりかの小豆島来島〜。
アサイチの神戸からのジャンボフェリー&島内バスに乗って来ました。
まず最初に立ち寄ったお店がこちら「ちりめん家」です。
夫婦二人でやってる、こぢんまりとしたお店です。


ちりめん家

メニューです。
大きさは「並・中・大」とあるけど、並は量が少な目らしいので「小」と思ったほうが良いらしい。


ちりめん家

「醤油(中)」(600円)。


ちりめん家

ほのかに魚介感じる、あっさり醤油味です。


ちりめん家

シンプルな味わいのラーメンです。

posted by かもねぎ at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香川県