兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、和歌山県、滋賀県の記事を投稿する予定です。
●

2018年01月10日

太華園@広島県竹原市

太華園

三原駅からJR呉線に乗って竹原にやって来ました。
竹原は安芸の小京都と呼ばれ、古い街並みが残されており、映画やドラマのロケ現場としてよく使われていたりします。
そんな竹原にあるのが、こちらの「太華園」。
10年くらい前に竹原へ行った時に、お昼にこちらに立ち寄ろうと向かったところ長蛇の列だったので、列車アクセスの時間的問題からその時は断念しました。
あれからなかなか竹原に行く機会が無く、広島県でベスト20に入るラーメンで唯一ここだけ残したままだったので、今日はこの太華園へ行くためだけに竹原に向かいました(笑)。
平日で昼過ぎということもあって店内はガラガラです。


太華園

メニューはご覧の通りです。


太華園

「中華そば」(600円)。


太華園

くっきりとした醤油味。
ちょっと醤油辛さ、塩辛さが気になったが…。


太華園

ツルツルの喉越し良い平打ち麺。

これで鴨ラーランクで広島県ベスト20は、すべて既食達成〜(;・∀・)



posted by かもねぎ at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県

2018年01月12日

どろそば将 阿波座店@大阪市西区

どろそば将

大阪市西区阿波座にある「どろそば将(まさ) 阿波座店」です。昨年8月にオープンしたお店で、店の場所は中央大通りと、なにわ筋が交わる阿波座1交差点のちょっと南。かつて五味八珍があった場所と言えばわかるのは古参ラヲタ(^^;。


どろそば将

メニューはこんな感じです。


どろそば将

「どろそば」(780円)。
どろそばのどろ濃度は4段階で、レベル1が「軽どろそば」、レベル2がワタシが選択した写真の「どろそば」、レベル3は「どろどろそば」、レベル4は「極どろそば」。


どろそば将

鶏ベースの旨味が出た濃厚スープ。
スープの濃度は高いけど、それほどくどい味ではありません。


どろそば将

スープに麺が絡んで、残るスープが少なくなってしまいがち。
ごちそうさまです。
次は「どろどろそば」チャレンジかな。


posted by かもねぎ at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-西区・港区

鶏そば小箱@大阪市西区

鶏そば小箱

中央大通り阿波座駅東交差点の北西角に一昨年の6月オープンしたお店。
メニューは「鶏煮込みそば(醤油)」(780円)、「鶏煮込みそば(塩)」(780円)、「京鰹節和風そば(あっさり)」(750円)、「鶏煮込みそば(辛みそ)」(850円)といったラインナップ。


鶏そば小箱

写真は「鶏煮込みそば(醤油)」(780円)。


鶏そば小箱

鶏の旨味が凝縮された濃厚スープは口当たりも良い。


鶏そば小箱

いい味してます。

posted by かもねぎ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-西区・港区

2018年01月20日

つけめん惠那く@京都市左京区

つけめん惠那く

ラーメン激戦区・左京区一乗寺界隈に2010年のオープン以来、ずっと高い人気を維持しているつけ麺店がこちら。


つけめん惠那く

「味玉つけめん」(880円)にしました。


つけめん惠那く

もっちりとした麺。


つけめん惠那く

つけだれの中には、でっかい味玉が1個入ってます。


つけめん惠那く

これはとてもGOODなつけ麺です。


posted by かもねぎ at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

おだしと小麦一三〇@京都市左京区

おだしと小麦 一三〇

今回訪問したのは「おだしと小麦一三〇(いさお)」です。
個人的には4年前に、伊佐夫から「一三〇」にリニューアルしてからは2度目の訪問なのですが、前回訪問時に食べた時の印象があまりにも薄く、どういったものだったとかの思い起こしが出来ないので、再確認ということで今回再訪しました。


おだしと小麦 一三〇

メニューは3通りです。


おだしと小麦 一三〇

「鰆」をチョイス。
なんと、麺とダシだけのシンプルさ。


おだしと小麦 一三〇

透き通った黄金色の出汁は、とてもあっさりとした良い味わい。
口の中にその旨味が広がります。


おだしと小麦 一三〇

小麦の風味が香る上質の麺。
適度なコシがあって、ダシとの相乗効果で旨さが引き立ちます。


おだしと小麦 一三〇

この店のコンセプトは「ダシ屋が作る小麦そばの店」であり、ラーメンでは無いので〜とのこと。
伊佐夫時代は行列店だったけど、今はお客さんの数も限られるようになってしまいました。本当の味を理解できる人のみがやってくるお店って感じですかね。
今回一緒に来た同僚(30代)は、「これで1000円??」って納得いかんかったみたいでしたんで(^^;。



posted by かもねぎ at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

京都塩元帥@京都市下京区

京都塩元帥

京都市下京区西七条にあります、毎度おなじみの塩元帥の京都市内のお店「京都塩元帥」へ来店です。
平・休問わず、昼時と夜は行列もできる人気です。
夕方4時すぎの来店だと店内お客さんも少数でゆっくり。


京都塩元帥

「醤油ラーメン」(700円)。


京都塩元帥

味わい深い醤油味。


京都塩元帥

塩元帥=塩のイメージですが、醤油もイイなの味ですよ〜。
ごちそうさんでした。


麺屋龍玄@京都市左京区

麺屋龍玄

叡電一乗寺駅近くにある「麺屋龍玄」です。
仕事でたまたま近くに来ていて、お昼にこの店を見かけて気になっていました。昼は別の店で食べていたので、ならばと晩に一乗寺に戻ってこちらのお店にINです。
聞けば、新福菜館で勤めていた店主の店だそうで、ラーメンもその系統だそうです。


麺屋龍玄

はんつ氏推奨だそうです(笑)。


麺屋龍玄

ヤキメシセット(1000円)で注文しました。
やきめしも新福菜館のと同じビジュアル。


麺屋龍玄

コレはなかなかウメ〜。


麺屋龍玄

そして「中華そば(並)」。単品なら700円。
新福のよりモヤシが若干多いけど、新福の雰囲気出てます。


麺屋龍玄

スープの黒さ加減も新福菜館ですな。


麺屋龍玄

なかなかの味。
ごちそうさんです。


posted by かもねぎ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都市2-[東山区・左京区]

2018年01月22日

東池袋大勝軒 京都拉麺小路店@京都市下京区

東池袋大勝軒京都拉麺小路店

京都拉麺小路にある東池袋大勝軒へ。


東池袋大勝軒京都拉麺小路店

メニューです。


東池袋大勝軒京都拉麺小路店

写真は「東京ラーメン(並)」(780円)。


東池袋大勝軒京都拉麺小路店

スープは味わいの良い醤油味。


東池袋大勝軒京都拉麺小路店

麺はもちもち中太麺。

らーめん恵比朱@京都市下京区

らーめん恵比朱

京都駅近くにある「らーめん恵比朱」へ初来店。
お昼に行ったが、客の半数が外国人観光客だった。


らーめん恵比朱

メニューです。


らーめん恵比朱

「ラーメン」(700円)。


らーめん恵比朱

鶏の旨味が良くでたスープ。


らーめん恵比朱

麺は中細麺です。