兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、和歌山県、滋賀県の記事を投稿する予定です。
●

2017年10月15日

貪瞋癡@富山県氷見市

貪瞋癡

富山出張の翌日は休日でレンタカーで能登半島一周の旅をし、富山市内へ戻る前に富山県氷見市に立ち寄り、氷見市内にある「貪瞋癡」へ初来店!。


貪瞋癡

「貪瞋癡」と書いて「とんじんち」と読みます。
行列店と聞いていたので覚悟して来ましたが、昼の部閉店の午後2時前に行くと表待ちが4〜5名ありました。もちろんその行列に並びます。10分近く待って奥の大テーブル席に案内されました。


貪瞋癡

こちらの店は、昼はラーメン店として営業しているが、夜はラーメンも出すが、飲み中心の居酒屋としても営業。棚には空のワインボトルがずらりと並べられています。


貪瞋癡

メニューです。


貪瞋癡

氷見産煮干しラーメンを選択。するとラーメンとトッピングがセパレートで出てきました。
ちなみにこちらの煮干しラーメンは昼限定のメニューで、夜の部では出されないそう。


貪瞋癡

ラーメン本体。


貪瞋癡

ふんわりと煮干し香るスープ。
あっさりして飲みやすい。


貪瞋癡

セパレートになっているトッピングを加えるとこんな感じになる。


貪瞋癡

これは良いラーメンです。
氷見は富山市内からなかなか立ち寄りにくい位置にあるけど、時間を見つけてまたこの店、来たいですね〜。

posted by かもねぎ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

8番らーめん 富山駅前店@富山市

8番らーめん富山駅前店

富山から大阪へ戻る前に、ちょっと腹ごしらえということで、富山駅にある8番らーめんに立ち寄り。
店に入って食券券売機で食券を購入し、席に着きます。


8番らーめん富山駅前店

メニューです。今回は「野菜らーめん(味噌)」をチョイス。


8番らーめん富山駅前店

「野菜らーめん(味噌)」

8番らーめん富山駅前店

口当たりの良い味噌味。


8番らーめん富山駅前店

もちもちつるつるの中太麺。
塩もいいけど、味噌もね!。

posted by かもねぎ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

2017年10月18日

麺匠むらの@大阪市北区

麺匠むらの

地下鉄南森町駅から少し南へ歩いて脇道に入ったところにあるラーメン店「麺匠むらの」へ初来店。


麺匠むらの

メニューはこんな感じ。
店内に入り、食券を購入してカウンター席へ。


麺匠むらの

「濃厚煮干しラーメン」(750円)。


麺匠むらの

鶏白湯がベースになったスープに煮干しの効いたダシを加えたスープ。
いい感じの味わい。


麺匠むらの

歯ごたえのある麺



南森町きんせい@大阪市北区

南森町きんせい

去る10月12日にオープンしたばかりの南森町きんせいへ初来店。
場所は南森町交差点から国道1号(曽根崎通り)を西へ徒歩約数分。今まで何度もラーメン屋やらが出来ては消え〜の繰り返しの場所に店はあった。
メニューは「極みの醤油」(750円)、「こだわりの塩」(750円)、「あわせあじ」(800円)、「こだわりの伊勢海老塩」(1000円)、「こだわりの塩つけ麺(2玉)」(800円)など。


南森町きんせい

「あわせあじ」にしました。


南森町きんせい

鶏豚骨のスープと魚介スープを1杯ずつ合わせたもの。
濃厚な鶏豚骨の味わいと魚介の風味が絶妙に合わさっていい味。


南森町きんせい

麺もGOOD。

2017年10月19日

長尾中華そば 阪神百貨店特設店@大阪市北区

長尾中華そば阪神百貨店特設店

大阪梅田の阪神百貨店で東北物産展が開かれ、その今回の東北6県物産展で来ていたのが、青森にある「長尾中華そば」です。
私も青森に来た時に長尾中華そばへは食べに行ってまして、食歴は2度あるのですが、その長尾中華そばが物産展で大阪に来るとは…!。


長尾中華そば阪神百貨店特設店

仕事が終わって梅田に向かい、夕方6時過ぎに向かうと数名の行列ができています。私もその列に並びますが、並んでるお客さんは確実にラヲタではないのが普通のラーメン屋とは違うところ〜。
しかし、この長尾中華そばの、ごてごてとした強い煮干しのスープが大阪府民に受け入れられるのであろーか?。


長尾中華そば阪神百貨店特設店

メニューは、「あっさり」と「こく煮干し」の2つを用意。
行列に並んでレジでお金を払い、私はこく煮干しの食券を購入します。
そして空席が出たら着席し、ラーメンが出てくるのを待つ。


長尾中華そば阪神百貨店特設店

程なくしてラーメンが運ばれてきました〜。


長尾中華そば阪神百貨店特設店

濃厚な煮干しの風味が詰まったスープ。
久々の強いニボニボ感がタマリマセン〜。


長尾中華そば阪神百貨店特設店

中太麺もガッツリ旨い。

西梅田らんぷ@大阪市福島区

西梅田らんぷ

ここ「西梅田らんぷ」は5月15日にオープンしたお店。大阪駅桜橋口から歩いて6〜7分の場所にあります。
開店した時に、あの「かどや食堂」が出店時に関わっていることで注目を集めましたが、その後の経営・運営面では、かどや食堂はノータッチだそうです。
ちなみに店名の「ランプ」は灯を意味するランプ(Lamp)ではなく、高速道路の出入口を示すランプ(Ramp)だそうです。
午後8時頃、店に入ると先客はゼロ。ちょっと寂しい…。


西梅田らんぷ

メニューはこんな感じで食券を購入してカウンター席へ。


西梅田らんぷ

注文したのはこちら「醤油らーめんポーク」(800円)。
丼一面に豚の肩肉チャーシューが覆いかぶさってます。


西梅田らんぷ

スープは一面に油が浮いている状態なので、ちょっと油っこいかと思いきやそうではなく、すっきりとした味わい。


西梅田らんぷ

さすがはかどや食堂が手をかけただけあってクオリティの高い味です。


posted by かもねぎ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-福島区・此花区

2017年10月20日

鴨ふじ@大阪市北区

鴨ふじ

扇町駅近くの天神橋3丁目に今年1月9日にオープンした「鴨ふじ」へ今回初来店。


鴨ふじ

メニューはご覧の通り。


鴨ふじ


鴨ふじ

「鴨薫る醤油ラーメン」と「炊き込みご飯」。
つけ麺がウリの店だけど、ラーメンにしました。


鴨ふじ

「鴨薫る醤油ラーメン」(800円)。


鴨ふじ


鴨ふじ

「炊き込みご飯」(250円)。
いい味です(^^)。


鴨ふじ

あっさりとしながらもしっかりとダシの味わいがある美味なるスープ。


鴨ふじ

七味、粉山椒、黒七味で、また違った味に変化を。
お店のおススメは、粉山椒だそうです。


鴨ふじ

ごちそうさんでした。
会社から近いのでまた今度は、鴨つけ麺いただきます。

天六きんせい@大阪市北区

天六きんせい

天神橋6(天六)交差点北西側から北へ少し歩いた場所に、きんせいが新規出店。その名も「天六きんせい」。
個人的には久々のオープン初日の来店。午後6時過ぎの時点で、行列こそ出来ていなかったものの、店内はほぼ満席。


天六きんせい

メニューです。


天六きんせい

オープン1週間限定で出される「トリュフ薫るあわせラーメン」(1000円)を注文。
単品1000円のラーメン、久々に注文した。


天六きんせい

トリュフが入ってます。
トリュフの香りがするかってーと、ちょっと…。


天六きんせい

濃厚な味わいのスープ。


天六きんせい

ん〜、いいラーメンです。


2017年10月24日

天神ササラ@大阪市北区

天神ササラ

大阪天満宮近くにある「天神ササラ」へ初来店。
京橋と天満橋に店舗があり、担担麺が看板メニューのササラ3番目のお店。
お昼時に行くと、店内ほぼ満席です。


天神ササラ

一番人気の「金胡麻担担麺」(700円)。


天神ササラ

スープはゴマの風味たっぷり。
辛さはそれほどでもなく、辛いのが苦手な人にも安心。
もっと辛いのがイイ!って方には辛さ増しオーダーもOK。


天神ササラ

トッピングのミンチと水菜が上手くマッチしてます。


天神ササラ

コレはなかなかの担々麺!。

2017年10月26日

麺匠桂邸 OAP店@大阪市北区

麺匠桂邸OAP店

仕事が終わって、OAPタワー1Fにある「麺匠桂邸」で夕ご飯。


麺匠桂邸OAP店

メニューです。


麺匠桂邸OAP店

「鶏白湯らーめん」を注文です。


麺匠桂邸OAPプラザ店

あっさりとした鶏のダシに、煮干しの風味をプラスさせた優しい味わい。


麺匠桂邸OAPプラザ店

このラーメンも結構いい味しています。