兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、広島県、山口県、静岡県、神奈川県の記事を投稿する予定です。
●

2017年05月01日

うらしま@和歌山県紀の川市

うらしま

和歌山県紀の川市の国道24号沿いにあるうらしまです。
こちらのお店に来たのは実に12年ぶり。
これまで何度か再訪しようと思っていたが、営業時間が短く、そのハードルの高さからなかなか行けずにいたのだが、今日は仕事で隣接の岩出市に来ていたので、お昼はココに行くと決め、仕事を12時に終わらせるスケジュールをたてて、意気揚々でこちらに向かいました(^o^)。
行ってみると駐車場が満車〜(T_T)。
しばらく待って駐車場が1台分空いて、ようやくの入店です。
ちなみにあとで知ったけど、西へ離れた場所にも駐車場あったのね…。
すでに時間は午後0時半を過ぎておりました。


うらしま

食券を購入して席に着きます。


うらしま

「中華そば」(550円)。


うらしま

おお〜、ひさしぶりのうらしまの中華そば。
おいしい〜〜。


うらしま

私が店を出る午後1時前にはSold out!
というか、12時半過ぎに入店した私の、次に入た客で売り切れになってました。
営業時間短すぎる(^^;。


posted by かもねぎ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山県

山為食堂@和歌山市

山為食堂

昼から和歌山市内に出て、こちら「山為食堂」へ来店〜。


山為食堂

「中華そば」(850円)。
山為食堂の中華そばは唯一無二の味。


山為食堂

もちもちの太麺がウマー。

posted by かもねぎ at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山県

2017年05月08日

ラーメンつけ麺 笑福 南森町店@大阪市北区

ラーメンつけ麺 笑福 南森町店

仕事帰りに南森町の笑福へ来店〜。


ラーメンつけ麺 笑福 南森町店

久しぶりに「つけ麺」(680円)を注文。


ラーメンつけ麺 笑福 南森町店

ずっしり、ガッツリとした太麺。


ラーメンつけ麺 笑福 南森町店



2017年05月11日

麺屋マルショウ 北新地店@大阪市北区

残念ながら閉店しました

麺屋マルショウ 北新地店

仕事帰りに北新地の麺屋マルショウへ。
こちらは先月オープンしたばかりの新しいマルショウの店舗。
マルショウの他店と同じく、看板メニューは台湾まぜそばですが、こちらではラーメンでいきます。


麺屋マルショウ 北新地店

「醤油中華そば」(700円)。


麺屋マルショウ 北新地店

くっきりとした醤油味のスープ。


麺屋マルショウ 北新地店

ん〜、旨い。

2017年05月12日

尾道ラーメン山長@大阪府守口市

尾道ラーメン山長

5月から仕事でパナソニック本社に通ってるもので、帰りに守口市で途中下車し、久しぶりに尾道ラーメン山長へ立ち寄りました。
前回の訪問は恐らく2000年頃だったかと思うので、伺うのは17年ぶりです。
「ラーメンの大盛・替玉はやってません」。
「ラーメンの取り分けはご遠慮願います」。
「れんげはおいてません」。
これらの注意事項も変わらずです。
一つ、変わったことと言えば、写真撮影禁止のルールが、5〜6年ほど前からほぼ解禁になった点でしょうか。
解禁になったのは、店主(女将さん)がデジカメを購入し、デジカメ撮影の楽しさを知ったからと言う(^^;。

メニューは、「尾道ラーメン」(780円)、「釜あげ尾道」(780円)、「ねぎ尾道ラーメン」(980円)、「しなちく尾道ラーメン」(980円)、「にく尾道ラーメン」(1170円)、「ねぎスペシャル尾道ラーメン」(1180円)、「しなちくスペシャル尾道ラーメン」(1180円)といったラインナップ。


尾道ラーメン山長

注文した基本の「尾道ラーメン」です。
「尾道ラーメン」のミニ幟が横に鎮座してますが、写真撮影了承済み幟とでも言うんかな、「写真撮らせてください」と言ったらこの幟が置かれるというシステムらしい。


尾道ラーメン山長

以前から変わらないスタイルの尾道ラーメン。
このざっくり大きく切られた青ネギもそのまんま。


尾道ラーメン山長

しかし、麺はちょっと柔いかな。
でも、これは絶品尾道ラーメンです。
ごちそうさまでした。

posted by かもねぎ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府-北河内

麺屋龍馬@大阪府池田市

麺屋龍馬

台湾ラーメンで知られる龍馬が「麺屋龍馬」として池田市石橋に2015年に移転オープンしていることを2年経ってから知って(遅すぎ^^;)、阪急電車に乗ってやって来ました石橋へ。
私が龍馬へ初めて来たのは20年以上前、池田の国道176号沿いの狭い店舗時代で、深夜1時前、友人と池田市内を車で走っていて、何となく立ち寄った店が龍馬で、その時に台湾ラーメンという物を初めて食べたのですが、味とかあまり記憶に残ってないんですよね(^^;。
それから龍馬へは2度ほど食べに行ってたかな。
いつの間にか池田の店は閉店し、大阪市西区九条へ移転。
移転した九条の店には行く機会が無かったけれど、その九条に店を閉じて、再び池田の地に戻ってきたわけですね。
メニューは「台湾らーめん」(680円)、「台湾らーめんDX」(880円)、「麻婆らーめん」(880円)、「まぜそば」(880円)などなど。


麺屋龍馬

メジャーな「台湾らーめん」。
ちょっとトッピングが寂しいかな。


麺屋龍馬

スープはコクのある醤油味。


麺屋龍馬

シンプルな味です。


麺屋龍馬

食べている途中で辛み調味料を入れて、辛さにパンチを加えます。
ごちそうさんでした。


posted by かもねぎ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府-北摂A-[池田・箕面]

2017年05月15日

福島壱麺@大阪市福島区

福島壱麺

近くの某店に行こうとしたら物凄い行列だったので断念しコチラ、ホテル阪神地下にある福島壱麺へ〜。


福島壱麺

今日も日替わりメニューでいきます。


福島壱麺

月曜日なので「おっきゃがりラーメン」です。


福島壱麺

「おっきゃがりラーメン」。


福島壱麺

この独特の濁ったスープは鯖をベースにしたスープ。
深みのある良い味のスープです。


福島壱麺

しなやか、もっちりとした麺もイイ感じです。
ごちそうさんでした。

posted by かもねぎ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市-福島区・此花区

2017年05月16日

正善@和歌山市

その後、近くに移転し、新店舗で営業中です

正善

和歌山での仕事先がすぐ近くだったので、お昼は当然、正善へ来店〜。
店前の駐車場に丁度1台分空きが出たので、慌ててIN。


正善

写真は「中華そば」(650円)。


正善

ん〜、イイね〜。


正善

これぞ王道の和歌山中華そば。
ごちそうさんです。


posted by かもねぎ at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山県

Antaga大正@大阪市大正区

Antaga大正

JR大阪環状線大正駅から徒歩数分の場所にある「Antaga大正(あんたがたいしょう)」へ初来店。
50歳以上の方なら知ってると思いますが、70年代末期の海援隊のヒットソング「あんたが大将」をもじってつけられた店名であることはお分かりかと。


Antaga大正

メニューは御覧の通り。


Antaga大正

「濃厚」(800円)。


Antaga大正

鶏をベースにした、今流行の泡系鶏白湯です。


Antaga大正

ん〜、イイ感じ。

中華そば花京 大正店@大阪市大正区

花京 大正店

京橋駅近くにあった花京が、今年の4月に立ち退きでこちら大正駅前に移転してきました。
花京が京橋を離れる直前に一度行っておきたかったんだけど、なんか行く機会を逃してしまった。
そして大正移転後も、5月の半ば過ぎになってようやく訪問で、午後7時半過ぎに来ましたが、店は店主の坂本氏は不在で従業員2人での切り盛りでした。
「こってり背脂中華そば」(720円)、「あっさり鶏がら中華そば」(720円)、「ピリ辛中華そば(とんこつ)」(850円)、「カレーそば(とんこつ)」(850円)、「のりそば(とんこつ)」(850円)など、メニューの種類は京橋時代と変わらずですが、価格は70円ずつ高くなっていた。
まあ、移転に伴って経費もかかってるから、それくらいは仕方ない。


花京 大正店

「あっさり鶏がら中華そば」(720円)。


花京 大正店

鶏の風味が強く感じられる一杯。


花京 大正店

大正に移転してもとても、いい味しています(^O^)。