兵庫県の情報は兵庫の鴨ラー日記として
この鴨ラー日記とは別に独立して運営中です。

ただ今、過去の記事(2004年7月以前)において、一部の
写真が表示できない状態が続いています。ご了承ください。

【投稿予告】
この先、北海道、和歌山県、岡山県の記事を投稿する予定です。
●

2019年04月12日

すみれ 札幌すすきの店@札幌市中央区

札幌すみれすすきの店

すすきのにある「すみれ」に来店〜。
ピーク時には階段のところにも行列が出来ていますが、混んでる時間帯を外せば即入店OK。


札幌すみれすすきの店

メニューは御覧のとおり。
店内はカウンター席とわずかなテーブル席を配置。
私以外のお客は、全員中華系(大陸・台湾・香港など)の外国人だった。
外国人観光薬にも人気が高いとみて取れます。


札幌すみれすすきの店

「正油ラーメン」(800円)
すみれのラーメンは、本店をはじめ京都拉麺小路の店舗や百貨店の北海道物産展出店で食べてますが、いずれも味噌ラーメンを食べてきていたので、今回の正油ラーメンは私にとって初!。


札幌すみれすすきの店

アツアツのスープで、唇をやけどしそうなほどに熱い。
スープは色合いが濃いけれど、醤油辛さななく、さっぱりとした味わいです。


札幌すみれすすきの店

もっちりとした太麺もGOOD。


posted by かもねぎ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

ラーメン信月@札幌市中央区

ラーメン信月

すすきのにある「ラーメン信月」へ…。
ミシュランガイドでビブグルマンとして掲載されているお店で、
時間は午後4時頃ということでお客さんの数はボチボチ。
この時間帯は、おばちゃん2人がお店を切り盛り。
メニューは「しおラーメン」(710円)、「醤油ラーメン」(710円)。「みそラーメン」(750円)、などなど。特徴メニューとしては「しょうがラーメン」(しお・醤油各820円、味噌は860円)というのもあり、こちらのメニューが常連や酔客には人気なのだそうで。


ラーメン信月

「しおラーメン」(710円)。


ラーメン信月

透明ですっきりとした淡麗なスープはシンプルな味です。


ラーメン信月



posted by かもねぎ at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

雨は、やさしく@札幌市白石区

雨は、やさしく

札幌時計台の近くから店の近くまで直接行ける路線バス(JRバス)があったので、それに乗って白石区にありますコチラのお店へ。
店内はとてもオシャレで落ち着いた雰囲気。
オープンしたのは2014年でもう5年も前ですが、ここ数年の人気も上々〜。


雨は、やさしく

券売機のメニュー。
白肝煮干し味噌と塩がオススメとのこと。


雨は、やさしく

「白肝煮干し味噌」(800円)。
おお〜、このビジュアルは芸術品。
トッピングには鶏レバーペースト、ゴボウの天ぷらが。
この取り合わせはだいぶ変わってますね〜。


雨は、やさしく

スープを一口。
サラッと、あさりとした味噌のイイ味わいです。


雨は、やさしく

トッピングにあるのがこのレバーペースト。
これをスープに溶かしながら食べていくのだ。
これはなかなか面白い発想ですね〜。
するとスープに深いコクが出て、また違った味わいに変化するのです。


雨は、やさしく

なかなか良いラーメンでした。

posted by かもねぎ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

175°DENO担担麺 本店@札幌市中央区

175°DENO担担麺本店

札幌で話題の担担麺専門店。
「175°DENO担担麺(ヒャクナナジュウゴどでのたんたんめん)」です。
ビルの奥まったところに店があり、ちょっとそこらでは見つけにくい立地。


175°DENO担担麺本店

券売機で食券を購入して店内に入ります。
「汁なし」と「汁あり」のどちらかですね。
店に入ってカウンター席へ。
周りを見ると女性客、それも一人で来ている若いお客さんばかりだ。
女性に支持されているようで。


175°DENO担担麺本店

「汁あり担担麺」(850円)にしました。


175°DENO担担麺本店

鶏ガラベースのスープにゴマの香りが引き立った口当たり良いスープ。
ラー油は店名の由来にもなっている、175°の低温で、じっくり2時間かけて作られたシロモノ。


175°DENO担担麺本店

北海道産小麦で作られたストレート中太麺ほGOOD。

posted by かもねぎ at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2019年04月11日

麺屋すずらん@札幌市中央区

麺屋すずらん

深夜のすすきの界隈ラーメン屋巡り。
こちらのお店も、近くのいそのかづおと同じく、夜10時から翌朝までの営業時間でやっています。
混んでると思ったらカウンター9席の店内は先客1名だけで閑散としています。
店に入って券売機で食券を購入〜。
メニューは「鶏出汁のしおらーめん」(780円)、「鶏出汁のしょうゆらーめん」(780円)、「味噌らーめん」(800円)、「Wスープ醤油らーめん」(780円)、「Wスープ塩らーめん」(780円)、「辛みそらーめん」(880円)、「スパイスカレーらーめん」(880円)、「うすくち醤油のかけらーめん」(600円)、「醤油つけ麺」(800円)、「しおつけ麺」(800円)といったラインナップです。


麺屋すずらん

「鶏出汁のしおらーめん」(780円)。


麺屋すずらん

鶏の旨味を感じるあっさりした塩味。
酔い客にも優しい味わいです。


麺屋すずらん

もっちりとした多加水麺です。
他にも気になるWスープやらスパイスカレーやらあるので、また来て食べたい〜。

posted by かもねぎ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

いそのかづお@札幌市中央区

いそのかづお

旭川から札幌へ移動し、最近評判の「いそのかづお」という店がこの辺りにある…と、スマホ片手に夜のすすきの界隈をボラボラ。
どうやらこのビルの奥に店があるもよう。
わかりにくい…。


いそのかづお

ビルの中に入って早速…。
目的の「いそのかづお」。
キャラの顔もやや違ってるし、カツオじゃなくて「かづお」だし、ギリギリセーフですが、誰しもがサザエさんの「カツオ」を連想すると思われ。


いそのかづお

さてさて、時間は午後11時を過ぎているにも関わらず、店前には十数名の行列ができております。
カウンター7席の小さな店なので、普通に回転すれば20分で7人処理…ということで12人の行列だったら30分前後の待ちで入店できるかな。


いそのかづお

メニューです。
「札幌ブラック以外は人気がありません」とな(^^;。
で、入店までにかかった時間ですが、12人の行列で30分かかるな〜と思ってたが、並び始めてから25分での入店着席。滞在時間が長くなりがちな子供連れやグループ客の割合が少なかったのもあって回転が良く、わりと早かったです。


いそのかづお

「札幌ブラック」(800円)。
こちらでは、ほぼこれの一択なんでしょう。


いそのかづお

ブラックと名乗りながら濃い茶色でブラックではないところが多い中、ここのスープは本当に漆黒のスープ。
見た目と違ってすっきりとしています。


いそのかづお

札幌ブラックの麺は太縮れ麺が基本なんですが、中細麺での提供もしています。
私はデフォのまま注文していたのだが、隣客が注文していた細麺と間違えられたみたいで中細麺になってました(^^;。
店主のワンオペだから、こういうこともある。
まあこの中細麺でもおいしいですけどね。

posted by かもねぎ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道